桜の辻、苦は閉じこもり、飾るは錦、 岸に春ざかりも、誇示と白日の落差(回文50)

読解

春、春、春、夏、夏、夏、秋、季節経つ、咳、気圧、夏、夏、鳴る、貼る、春は(回文51)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9

長崎 朝

回文集 ‐制約と展開‐

自作の、一言で終わらない回文を集めました。どんどん更新していきます。それぞれの作品には、小話風の「読解」が付され、二度おいしい中身となっております。

コメント1件

海原さん。
読解が適当ですみません笑
ありがとうございます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。