シェアハウスやってみる?

自宅の近くにある一軒家の相続が決まった。

かれこれ5年ほど空き家状態だった建物で、今後は自分が住むこともないし、身内で住みそうな人もいません。


どうしようかなと、たまに考えてはいたのですが…

①改築して、お店として使う。→面積とか駐車場が足りないかな。

②更地にして駐車場として貸し出す。→周辺に貸駐車場がそれなりにあるから難しいかな。

③誰かに貸す。→築48年で古いから借り手が付かなさそう。


で、最近ふと思い付いたのが

④シェアハウスとして貸し出す。です。


元々は祖父が八百屋を営んでいた2階建ての家でして、1階には広い土間(八百屋スペース)があり、2階は某大学の下宿生に住まわせていた6畳間が5部屋あり、シェアハウス向けといえば、シェアハウス向けの建物かと。

もう住むつもりもないので、改装も自由にしてもらったら楽しそうだし、シェアハウスに住む人って、そういうの好きなんじゃないかと思いますし。



ただ、自分自身はシェアハウスに住めるタイプの人間では全くないので、どうなんでしょうかと。そもそもの家賃が安い岐阜です。東京とは違い田舎の岐阜でシェアハウスに住みたい人がいればいいのですが。


などとひとりで色々妄想していたら、ひょんなことから、とある団体からシェアハウス面白そうなのでどうですか?という話になり、明日建物の内覧をしてもらうことになりました。


もしも本当にシェアハウスになったとしたら、建物が隣なので、否が応でも会う機会があるだろうし、それなりに大家とやり取りもあるだろうから、コミュ障な僕は上手くコミュニケーションが取れるのか、今から心配であります。


どうなることやらですが、それなりに楽しみです。うまく進むといいなと。

また具体的なことが進んだら、noteに書こうと思います。

ではでは。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます。とても励みになります。

ありがとうございます。ジムに通うことにしました。運動大事。
6

長月コージ(長月books)

岐阜県岐南町にある長月http://www.nagatsuki.life というセレクトショップの片隅で、細々と営業中の『長月ブックス』の店主コージです。奥さんと2匹の猫と楽しく暮らしています。

シェアハウス日記「もちベル荘」

相続した空き家をシェアハウスにしてみた日記です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。