見出し画像

簡単だけど本格的!なすのバターチキンカレー

バターチキンカレー。
食べるとちょっと幸せな気分になりませんか?

大好きだけど、おうちで作るなんて・・・という方も多いのでは??
いろいろスパイス入れたり、なんか難しそう・・・と思いますが、このレシピでは、スパイスはカレー粉としょうがとにんにくだけ。おうちにある材料でできるのに、コクがあって本格的なので覚えておいて損はなしです☆

シンプルな材料なのに、トマトのほどよい酸味とヨーグルトのコクで味わい深いバターチキンカレー!
辛すぎなくってクリーミーな仕上がり☆

画像1


●材料●
・ カット鶏もも肉…200g
・ たまねぎ…2分の1個
・ なす…1本
・ トマト缶(400g)…1缶
・ コンソメキューブ…1個
・ バター…30g
・ 水…100cc
・ しょうゆ…小さじ1
・ ソース…大さじ1
・ 塩…小さじ2分の1
・ 塩、こしょう…お好みで
(肉の下味)
・ ヨーグルト…100g
・ すりおろし生姜、すりおろしにんにく…各小さじ1
・ 塩…小さじ2分の1
・ カレー粉…大さじ2

画像2

⑴ ポリ袋に、鶏もも肉、ヨーグルト、塩、カレー粉、すりおろした生姜とにんにくを加えて30分以上漬けておきます。

画像3

⑵ たまねぎはスライス、なすは乱切りにします。

画像4

⑶ 厚手の鍋にバターを入れて火にかけて、たまねぎ、塩を入れて
炒めます。

画像5

⑷ たまねぎがしんなりして来たら、なすも加えて炒めます。

画像6

⑸ 少し炒めたら、トマト缶、コンソメ、水100ccを加えて
10分ほど煮込みます。

画像7

⑹ しょうゆ、ソースを加えて、塩、こしょうで味を調えて完成です。

画像8

【レシピのワンポイント】
ヨーグルトにつけこんだ鶏肉はふんわりやわらかくなりますよ。
仕上げに生クリームをかけるとさらにクリーミーでリッチな味わいに。

ヨーグルトにチキンをつけこむと・・・
鶏肉の脂が必要以上に出ないよう閉じ込めてくれるのと、ヨーグルトの乳酸菌がお肉のたんぱく質を分解してくれるので、お肉はやわらかく旨味成分がたっぷり出るんですって。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

旅する料理家♡人生のレシピを作る!なぎさ なおこ

青森県八戸市在住。世界を旅する食育料理家。病気、怪我の予防の身体を食で育むがコンセプトの「なぎさカフェ」オーナーシェフ。2015年料理本グルマン世界料理本大賞のウーマンシェフ部門で世界2位受賞。全国各地の店舗プロデュースやコンサルティングをしながら全国食べ歩きが趣味。2児のママ

簡単美味しいなぎさレシピ

食べ物は毎日出来る心と身体へのプレゼント。 季節の野菜を使った、簡単、美味しい、身体にやさしいレシピ達。 毎日の食卓に1品でも手作りのものを作ると、料理する時間と、食べる時間、自分を労る時間ができるので、気持ちと身体に食事のプレゼントを贈りましょう。food is gift♡
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。