メニューの縮小という選択

美容師をしていると、
カラーリングの相談や
パーマの相談

という予約が入ります。
これは
カラーリングをするかもしれないし、しないかもしれない。
パーマをかけるかもしれないし、しないかもしれない。

でも予約はしない事を前提にとってはいないので、するかもしれない、という事が前提で時間を確保しています。

ここで美容師の心理を考えると

「時間は取ってるし、カラーリング、もしくはパーマをかけないと売上が下がってしまう。しかも時間が余っちゃう」

と、なるので、迷っているお客様に

「やっぱり根元伸びてるからカラーリングした方がいいですよ」
「いやー、パーマもう無くなってるからかけましょう」

なんて、やる事が前提のカウンセリングをします。

まぁ無駄な時間を過ごしたくないし、余った時間で他の方を切れたかもしれないと考えると分からなくも無いんですか、

それって本当にお客様の事を考えてるの?

と思ってしまいます。

もちろん本当にカラーリングをした方がいい場合もあります。
パーマをかけた方がいい場合もあります。

それならその旨を伝えればいいと思います。

美容師の時間やお金中心のカウンセリングは僕はあまり好きではありません。
だって僕の信念の
利よりも信
から外れちゃうから。

なので、自分の時間やお金の為にメニューの縮小を拒む事はありません。

是非相談で。

なんて予約を取ってみて下さい。

真面目にスタイルを考えます←当たり前(笑)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

nagomihanare

調布市と府中市で美容室を経営しております。美容室における限界と、その突破について日々考えています。美容室における幸せとは何か。インサイトを考慮した美容師。働くとは何か。新しい事には迷う事無くチャレンジをしてます(つもり)

職人である美容師を分解してみる

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。