人生初の入院

朝から気分が悪くご飯を食べる事が出来ない。
でも仕事はあるのでとりあえず無理して行く。
お客様を1人、2人、3人、迄はなんとかなったけど、
もしかしたらなんとからなっていなかったのかもしれないけど。
やっぱり無理。
その後のお客様はお断りする事に。
とりあえずお店の対応をして、帰宅。
横になってみたものの、どうしようもない気分の悪さ。
寝れない。
木曜日だったのもあり、あまりクリニックは空いていない。
調べるのも面倒くさい。
不在の妻に調べてもらってタクシーでクリニックへ。
「うん。間違いなく胃腸炎ですね。吐き気止めの薬出しておきます」

いやいや。
流石に胃腸炎ではないでしょ。と思い
僕「胃腸炎ではない可能性も・・・」

お医者さん「分かりました。そしたら大きな病院で調べますか?紹介所書きますよ」

とはいえ、今から他の病院に行く元気なんて更々ない。
でも胃腸炎ではない事は感覚で分かる。

僕「お願いします」

とそんなこんなでその後の妻が迎えに来てくれ、府中の病院へ。

「これは盲腸の可能性が高いですね。
入院です。」

とそんな感じで入院になったのですが、盲腸を舐めてました。
結構痛いし、結構つらい。
寝れないし、手術の後も痛いし、あんまり動けない。

とそんなこんなで手術をして2日辛い時間が過ぎ。

歩けるように。
頭も洗って←ワックスギトギトのまま入院だからかなりヤバイし抜け毛が酷い(笑)
ご飯もお粥から始まり、普通のご飯へ。

盲腸があまりにも強敵だっので、携帯見るのも辛かったのですが、回復してきたら暇過ぎて。
寝るにも限度があるので、

天井の模様の数を数えてみたり、
病院の社会科見学に意識を向けてみたり、
ポリタス読んでみたり、
ニューズピックス読みまくったり、

とそれをしても暇なのでノートを書きました。

そんなこんなでまだ入院。

早く帰りたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

nagomihanare

調布市と府中市で美容室を経営しております。美容室における限界と、その突破について日々考えています。美容室における幸せとは何か。インサイトを考慮した美容師。働くとは何か。新しい事には迷う事無くチャレンジをしてます(つもり)

日々の呟き

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。