『治ると楽になるは別物』

持病を患っておられる方がいらっしゃいます。
鍼灸師は医師法にひっかかってしまうので、病気が治る、なんてことは言うことができません。

でも、抱えている病気の回復を目的とする鍼施術は行えます。
体質を変えていくようなことを目的とすることになるのでしょうね。

体質を変えていく、ということは、カラダを変えていくということ。
これ、意外と経過する時、つらくなることがあります。
治る過程というのは、変身するということ。

変身する時、体内のバランスが変わることで、不調や苦痛がおこることだってあります。
病気治しは、そうしたところで、本腰を入れて回復に取り組む勇気が必要です。


ただ、鍼灸師の仕事は、こうした治癒目的の施術ばかりではありません。
どちらかというと、鍼施術のニーズで多いのは、治癒ということより、楽になりたい、というもの。

「食べ過ぎて苦しいから、どうにかして」とか、「ムリしすぎたから、どうにかして」とか、「具合が悪くなるのわかっているけど、あとでなんとかして」とか。

つらくて極まっている苦痛を楽にするのは、滞り、目詰まりをとり除くようなものですから、そんな時の鍼施術を受けると、心身ともにサッパリする。

鍼や温灸施術に大義は無用。

不都合を感じるカラダの気晴らし程度の気楽さを持って、受診してもらえたら幸いです。

東洋医学と暦とカラダと暮らしのメルマガ、配信中。
メルマガ・鍼灸師・のぶ先生の「カラダ暦♪」

この続きをみるには

この続き:0文字

『治ると楽になるは別物』

博心堂鍼灸院

100円

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

14

博心堂鍼灸院

鍼灸臨床と易占を生業に、東洋医学と易の考えを研究している鍼灸師・易占家です。暮らしに役立つ養生法をメルマガで連載中。

いんちょのつぶやき

東洋医学のことや、東洋医学「的」な考え方、物事のとらえ方風味のおもいつきを掲載中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。