『よくある質問』

先日、「認知症のお灸のツボおしえて」とたずねられました。
一般の人からのこうした何気ない質問、よくいただきます。
こんなとき、ぼくは「どんな認知症ですか?」と質問を返します。

東洋医学には、様々な手口があるし、そもそも、病名や症状に対する手段を持ちあわせていないので、「誰にすえるお灸」という「ひと」を特定して質問に答えることも必要になります。

数多ある手段と、手段を施す「ひと」の特定。
これを明確にすることで、東洋医学の本領を発揮できます。
認知症一つとっても、「アルツハイマー型」なのか「血流障害」が原因なのかで、お灸の据え方一つ違うし、そもそも、目的が症状対策なのか、カラダを滋養するものなのかだも、対処はずいぶん違います。

なんでもかんでも「お灸をすえればよい」ということはなく、突きつめていけば、お灸の技術にまでこだわらなければいけない。
でも、まあ、一般の人にこたえるには、通り一遍の手法を伝えるだけじゃなく、東洋医学の「ちょっと深いところ」まで知ってもらいたくて、ぼくはたびたび「突っかかって」質問したり、一緒に考えることを喜んでさせていただきます。

カラダのことを踏み込んで考える時間、実感する時間を持つことは、過去も未来も身のまわりの嫌なことも忘れられる、「今」に没頭できる貴重な時間。
「感じる」って、感覚することに集中している間は、余計なことを考えなくて済むのでね、健康相談の時には、感じて考える時間を楽しもうかと。

「よくある質問」には、東洋医学の「思考の迷路」へご案内しているこの頃です。

東洋医学と暦とカラダと暮らしのメルマガ、配信中。
メルマガ・鍼灸師・のぶ先生の「カラダ暦♪」

この続きをみるには

この続き:0文字

『よくある質問』

博心堂鍼灸院

100円

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

博心堂鍼灸院

鍼灸臨床と易占を生業に、東洋医学と易の考えを研究している鍼灸師・易占家です。暮らしに役立つ養生法をメルマガで連載中。

いんちょのつぶやき

東洋医学のことや、東洋医学「的」な考え方、物事のとらえ方風味のおもいつきを掲載中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。