旅に出る理由は、なんだっていい

わたしはフリーのライターとして、WEBサイトに旅行の記事を書いたり、ブログで好きな旅先やおいしいものなどを綴っている。

「好きな旅をしながら収入を得られるようになれば、旅を続けられる。」

そんな安易な考えと、趣味ではじめたブログで「ありがとう」「すごくいいね」と褒められるのがうれしくて、ライターになった。


前職は、畑違いの病院勤務のリハビリ職だ。


文章を書くのは、毎日のカルテと患者さんの転院先への報告書くらい、そこには必要最低限の文章と数字、感情は書き込む必要はない。



ライターとして実績作りに焦っていたころ、とある地方で滞在中に記事を執筆するという情報に目が留まった。

そこでお仕事がもらえるならと、交通費や経費が出ない条件でも飛びついた。どう考えたって、赤字だと分かっているけれど、「旅をしながら少しでも原稿料と実績がほしい。」そんな欲があだとなった。

初めて訪れる土地、初めての宿、最終日に依頼主から言われたことばにライターとして自信がなかったわたしは傷付いた。


この続きをみるには

この続き:1,199文字

旅に出る理由は、なんだっていい

小澤志穂(shiho ozawa)

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

あなたのサポートが文章を書く励みになります。

胸キュン♡ありがとうございます(*´ω`*)
14

応援マガジン 「 俺が “note” で見つけた天才たち 」

この人「間違いなく天才!」と心奪われた記事を中心に掲載しています。 ※判断基準はmatsyaの独断と偏見にまみれています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。