『怖がりさん』(グラレコ補足)

昨日に引き続き下手な絵で失礼します。
実はつい最近『グラフィックレコード』というものを知りまして。せっかくなのでやってみようと脳内会議が結論を出したので早速二日連続で繰り出した次第でございます。
ただ、これをこのまま投稿しても『なんだコレ?』となるのは必定なので、少々補足をば。


人は怖がり

私は生粋の『怖がりさん』です。チャレンジとか全部怖いです。震えています。
未来の意思決定すら怖いです。親がよぎります。周囲の方々がよぎります。生活の不安がよぎります。

ただ、人って元来怖がりだそうでして。画像の通り色々とかじった訳なんですけど、そうじゃないとマンモスとかに蛮勇してあっという間に全滅してしまうらしいんですよ。まあ言われれば当然ですね。
実際教科書とかで見る当時の想像図では。落とし穴とかで機動力を落としてから、皆で囲んで捕まえている訳ですし。
つまり原始から続く種の本能が過剰反応しているのが『怖がりさん』、とも言えるのです。


羽根つきさん

ですが世の中には。まるで不安など一切ないかのように言葉を叫んだり、未来を決断したりする方が居ますね? 『アレは一体どうなんだ』とツッコまれそうなのでちょっと考察してみました。

『世の中に飛んでってる、羽の付いたかのように自由な方』。ここでは『羽根つきさん』とでも呼んじゃいましょう。彼らはどうしてそれができるのかといいますと。画像にも載っている通り

・確固たる自信
・叩かれて落っこちても地面に衝突しないという安心感

に支えられているからだと思います。要するに『条件なしの安心』が担保されている、と思い込めているんですよ。それが親由来なのか、自分でそうやって生きてきたのか、はともかくとして。無条件で自分を肯定しているんですね。すげえ。


結局

少なくとも今の自分にはそんな自信はない訳で。ただ、これから作っていかないと自分のやりたいことはできない。
つまり、今やっていることを。ステップアップさせていくしかない。
そういう結論に至るのでした。

『毎日書いて、数を生む。作品にせよ、ブログにせよ』

もはやこれ、自分との約束ですね。ただし、『休んじゃっても責めずに。すぐに再起動する』というのも必要ですけどね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

露骨な話をします。 欲しいもの:お金 です。 よろしくお願いします。

よろしければシェアもお願いします!
5

南雲麗

日刊南雲

毎日投稿される思考の記録。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。