12/11 削る、という作業【考察】

削る。自分の書いた、贅肉のついた文章を。

細かくしすぎた表現を。

一瞬でそこまでわかったのか、と言われ得る解像度を。

主人公の性格に合わない表現を。


南雲麗は実感する。自分が、言われないと分からない気質であることを。

書き溜めた初稿の十万文字では、決して脱稿に至れないことを。

軽い縛りでも入れないと、すぐに表現を盛り込んでしまうことを。


削るとは、自分の表現に向き合う作業である。削って、削いで。削ぎ落として。残ったものが、真なる自分の表現で。

それは、人間においても同じ気がする。余計な人間関係や、しきたりや、規範意識を削ぎ落とした時。

人はなんであれ、本当の自身をさらけ出すのだろう。


もしかすると文学の先人は、単なるエンタメを越えて。

突き詰めに突き詰め、徹底的なまでに自己を煮詰めた作品を。

彼等は送り出していたのかもしれない。


今日はここまで。

おわれ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

露骨な話をします。 欲しいもの:お金 です。 よろしくお願いします。

ありがとうございます!
6

南雲麗

日刊南雲

毎日投稿される思考の記録。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。