想像の翼が常識に阻まれる物書き永遠の悩み。

正直な話。細かいところまで考える癖のせいで何個作品が書面にならなかったり、途中で筆が止まったりしてるのか。そう考えると自分の常識というものが恨めしい。

ゴリラはそれらをあえて大仰に取っ払っているのでなんとか読まれてほしいところ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

露骨な話をします。 欲しいもの:お金 です。 よろしくお願いします。

ありがとうございます!
5

南雲麗

自己追求

自己を追求するタイプのマガジン。 ブログやエッセイっぽい。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録