仲 高宏

色々とあるけれど、ここでは即席の物書きとして過ごしている。普段は会社員として働いていて、それで奈良市在住。妻と娘・息子の四人家族。 twitter︰@naka3ws ◇◇◇ blog:http://naka3ws.jp/
固定されたノート

娘のノートパソコン【エッセイ】

来月6歳になる娘からノートパソコンが欲しいとせがまれた。流石に年齢的に早すぎるだろうという事で「もうちょっと大きくなってからね」と定番のフレーズで逃げていたら、ダンボールを持ち出してきて勝手に工作をし始めた。

子供の頃の私にそっくりだ。親にたしなめられた程度で動きを止めるようなタマではないのである。将来が心配だ。

そして一時間後には即席のダンボールパソコンが出来上がっていた。なんだろう、このス

もっとみる

あの謝罪会見を芸能ニュースとして終わらせちゃいけない【エッセイ】

日曜に松本人志のワイドナショーを視聴したんだ。もう詳細な説明は不要だろうと思うんだけど、事の発端は土曜に行われた宮迫博之と田村亮の謝罪会見から始まっている。

私は、

田村亮が嗚咽をもらしながら『吉本が会社組織をファミリーの様なものだと言うなら僕は子だと思っています。謝ろうとする子を止める親がありますか。僕には不信感、、不信感しか』と発した瞬間、

そしてそんな田村亮をかばいながら、恨みつらみな

もっとみる

下瀬ミチルというどうしようもなく不器用な物書きを紹介しようと思う

今回はね、一人の物書きを紹介したいと思う。
その人は、note内ではなかなか浮かばれない文章を書く女性で、どこかドロッとした感情を文脈にしのばせることができる物書きだ。
名を下瀬ミチルという。

時にR18指定の様な内容をnoteにつらつらと書く彼女はなかなか公式運営者からはピックアップされにくい存在で、その実力に反して知名度は低い。
はじめに浮かばれない文章を書くと言ったのはそういった彼女の生き

もっとみる

息子の手に握られていた保冷剤【日記】

もしかしたら言葉の発達が遅いこと、それこそが息子の心と行動を形作っているのかもしれない。

4歳になった息子だが、未だに一方通行の様な言葉が多い。息子の口から発せられる言葉はお歌の歌詞であったり、絵本の中のセリフであったりすることがほとんどだ。こちらが『おはよう』と呼び掛けても息子はすぐに『おはよう』とは返せない。とてつもなく長く待ってようやく「お・は・よ」と返すことが出来る。会話が苦手なのだ。相

もっとみる

心待ちにしていたnote関西meetup【第一回】

一日に一万件以上の投稿数。

圧倒的な数。
これは王将の餃子の生産数ではない。noteにアップされる一日の投稿数だ。

こう聞くとそれは果てしない数のようでまるで機械的とさえ感じられてしまうが、日々noteというサービスにアップされる文章・画像・音声、これら表現の一つ一つは必ず人の手によって生み出されている。もちろんこんなことは当たり前のことなんだけどネットの画面だけを眺めているだけだと、ついつい

もっとみる

仮面ライダーデビューできない息子【日記】

幼稚園に通いだすとお友達から色々と影響されることがある。息子もやっぱりその例に違わず、今朝になって遂に『仮面ライダー見たい』と言いだした。

やっぱり男だよなーと思いながら、テレビをネットに繋いだ。「ええっと、、仮面ライダー」と検索する。すぐに出てくる。アマゾンプライムビデオって便利だなー。

これで息子も仮面ライダーデビューだ。パパも久しぶりだよ、仮面ライダーなんて。

なんて思っていたんだけど

もっとみる