うたの日の詠草一覧を作ってみた

みなさんこんにちは。最近業務時間を持て余している社内ニート中條です。業務時間中あまりにも暇なので「好きな歌人さんがうたの日に出してる短歌を(業務時間中に)分析したら楽しいのでは!?」と思いまして、うたの日の詠草を(業務時間中に)Excelにまとめるという作業をしておりました。

Excelで詠草一覧をまとめると句切れ、句跨り、体言止めをどれくらい使ってるか集計できるのですごく捗ります。と、同じことやりたい人がほかにもいるかもなーと思いまして

とツイートしたところ思ったよりも反響がありました。とはいえ、140字でまとめたところでどうせいっちゅうねんという感じもあるのでキャプチャ込みでうたの日の詠草一覧の作り方をまとめたいと思います。

<注意点>

下記の方法で詠草、得点、日付、題の一覧が作成できます。が、フリーのテキストエディタを使ったり正規表現を使った置換を使ったりとあまりお手軽ではありません。得点、日付、題はいらないからとりあえず詠草の一覧だけでも欲しい!という方はぐぐっと最後までスクロールしてくださいね。


①詠草をコピーする

うたの日の個人ページの「○○さんの短歌をもっと見る。」またはうたの日左下にあるサーチ機能を使用すると検索結果画面が表示されます。検索結果「リスト形式で表示」を選択します。

表示したら一覧にまとめたい詠草をがーっとドラッグしてコピーします。

がーっと。

②テキストエディタに貼り付け

①でコピーした正規表現の置換ができるテキストエディタに貼り付けます。Windowsの標準ソフトは多分できないかと思うのでフリーソフトなどを使いましょう。サクラエディタとかでいいと思います。

※サクラエディタ(ダウンロード→V2版をダウンロード)

テキストエディタを起動して貼り付けます。

③置換を実行

置換ウィンドウを開いて、「正規表現」で置換するオプションにチェックを入れて置換前に「\r\n」(\は円マークです)、置換後に「\t」を入力してすべて置換します。

(※正規表現はエディタによって微妙に書き方が違う場合があるのでうまくできないときは「エディタ名 改行 正規表現」などで検索してみてください。。)

テキストが一行になります。

次に置換前に「\t\t」、置換後に「\r\n」を入力してすべて置換します。

タブが2つ並んでるところを改行します。いい感じですね。

いい感じなのですが、先頭に半角スペースが入っているので消します。

置換前に「^ 」(キャレット+半角スペース)を入力、置換後には何も入力せずにすべて置換します。

はい。

④Excelに貼り付け

③でできたテキストをすべて選択してExcelに貼り付けます。

一覧になりました!

Excelの「区切り位置」(データタブにあります)などを駆使すると

こんな感じになります。やったね。煮るなり焼くなり好きにしましょう。


正規表現とか使っているので慣れるまではウッとなりますが慣れると便利です。元データの検索のやり方によっては首席の詠草に絞って一覧を作る、みたいなこともできるので色々試してみてくださいね。

こんなんできるか!という方はさちこさんが運用されているうたの日ファンサイト「Ayatori」をご利用ください。

詠草とハート&音符を送った人をCSVまたはテキスト形式でダウンロードできます。ここまで書いておいてアレですが詠草の一覧を作るのであれば圧倒的にこちらの方が早いです。「Ayatori」は誰が誰にハートや音符を送ったかが視覚的にわかるものすごいサイトなのでぜひアクセスしてみてください!

これでうたの日の短歌の傾向などを分析をして記事にしてくれる人が出てきたらいいなあとひそかに期待しています(他力本願)皆様素敵なうたの日ライフをお過ごしください。では!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

20

中條茜

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。