「固定観念」と「思い込み」の違いって何


固定観念、という言葉を22年間勘違いしていた。

固定観念は「その人が正しいと思うこと」「主観」という意味だと思っていた。だが、全然違った。


「固定観念を捨てる」という文章は間違っているらしい。なぜなら、「固定観念」は絶対に変わらないからだ。


例えば、


①「りんごは赤い」という思い込みを持った人
②「りんごは赤い」という固定観念を持った人


の2人がいるとする。


そしてその2人に対して、


「青りんごもあるじゃん」

「よくみると薄いピンク、レモンイエロー、黄緑ってたくさんの色が混じってるじゃん」


という反論があったとする。


それに対して、


①「りんごは赤い」という思い込みを持った人

の場合は、


「あ、確かに、りんごって赤だけじゃないな」


と納得して、「りんごは赤だけではない」と考えを変える可能性がある。


しかし、


②「りんごは赤い」という固定観念を持った人


の場合だと、


「りんごは赤い」


という意見を絶対に曲げない。

何を言われようと、どれだけ反論されようと、「りんごは赤い」ということに寸分の疑問も抱かず、この考え方が正しいと思い続ける。


つまり、


「考えを改める余地がある」のが思い込みで、「絶対に考えを曲げない」のが固定概念であるという。




極端な話、「人殺しはOK」という固定観念を持つ人に対して、

「遺族を悲しめるから良くないことだ」

「法律で殺人はいけないことだと定められている」

みたいな反論をしても無駄である。絶対に変わらない固定観念を持っているから。


固定観念は「常識」や「倫理観」とは一切関係のない場所にあるのだ。


……といっても、これはネットのリサーチで終わっているので、明確な根拠はない。「wikipediaの情報が正しい」という考え方は思い込みだから、本当に「固定観念」の意味が正しいかはわからない。


例えば、『「殺人はオッケー」という固定概念を持っている人』の脳内に強力な電波を流して洗脳し、無理やり「殺人なんて絶対に良くないよ!」という考え方にさせたら、それは固定観念と言えるのだろうか。これはさすがに話が飛躍しすぎだと思うが……。


固定観念の正しい意味は、人それぞれの思い込みもしくは固定観念で決めるしかないのかもしれない。


専門家の方に話を聞きたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

中村一般

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。