なぜリモートワークの会社をやるのか?

すいません。。。1週抜けてしまったので、今週は頑張って2本書きます。そしてこれは1本目。

最近、取材などを頂く時に良くお話している内容なのですが、まとめておくという意味でこちらに書かせて頂ければと思います。

===============================

理由① 通勤が働く上で1番無駄だから

自分は「リモートワークの方が、これからの社会での労働環境に適合した働き方である」と捉えています。

リモートワークで労働革命をーーCaster代表 中川氏が問う「働く意味」

上記のソーシャルデザインニュースさんの取材時にも少し触れていますが、大前提として人の働く意味というのは薄れていっているなと感じています。

その内に人間が一生懸命に働く、という事自体が生産性を生み出す行為では無いと明確に示される時が来るんだろうなと。

残業を減らせば生産性が上がるなどを、最近国が推し進めています。それはまさに「余計に働く事が無駄」と分かってるからやってるのでは?と

1日の「仕事」と呼ばれる時間を分解してみると3つの種別に分かれます。

「通勤」「実務」「残業」ですね。

会社がこの3つはきっちり分けてカウントしている事からも、大枠はこの3つの分類で良いと思っています。(休憩は実務内)

で、都心部での通勤ってどれ位かかっているか?というと

「片道1時間の通勤」が平均らしいのです。

となると月間の通勤時間は21日勤務なら42時間位かと

ちなみに都心部の平均的な残業時間は40時間ほどらしいです。

あれ?通勤が残業超えちゃった?

そうなんです。場所によっては通勤とは悪の権化みたいな扱いされている残業よりも「多くの時間を消耗させられている行為」なんですね

しかもこんな殺人的な状態の時も。。。

通勤は会社が残業代は払っていないですが、交通費は払っているのでJRにたくさんお支払いしている状況です。

お金も時間もとても無駄なので、今すぐやめれば良いのでは?と思っています。

そもそも通勤は企業にとって「一か所に労働者を集める」事によって設備投資やマネジメントコストを抑えるメリットは有っても、働く側にとっては特段メリットが有る行為では無いと。

丸の内や渋谷の綺麗なビルで働きたい、ってのは有るかもですけどね。

昔は通勤しないと仕事道具が無い、という環境も有ったと思いますが今はPC1台で色々と出来ちゃいます。

キャスターは上記思想にのっとっているので、通勤者には通勤する実費の他に特別な手当が乗っています。自分が直接会って話をして、仕事をしたいという贅沢を満たして貰う為に来て貰っているのだと思っています。

そんな事言ってるとウチの通勤者が明日から来ないのでは?と少し頭をよぎりましたがw 

なんにせよ「まだ通勤で消耗してるの?」という所です。

==============================

長くなりましたので、今日はこれで。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

16

Caster.nakagawa

リモートワークス

リモートワークとか色々に関する気づきを、週1位で発信出来ればと思います。

コメント1件

平均通勤1時間なんですね!
移動時間がリフレッシュになることはありますが、
満員電車は避けたいですね!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。