見出し画像

誰もが結局は「集客」に悩んでいることについて

「労働2.0」というビジネス書を出したり講演会で全国に行ったりしていると、いろんな相談を受けますし、コンサルティングめいたこともします。そうして思うのが結局はみな「集客」に悩んでいるのだなということです。

芸人やアーティストならライブにもっとお客さんを呼びたい。アパレルや飲食店ならもっと店やECサイトに来て欲しい。YouTuberならもっと再生回数が欲しい。

全ての人の悩みがそれですよね。
これをどうすればいいのか。

品質向上だけに注力してもだめ。
とはいえ広告はお金がかかる。

どうすればいいのか。

今、頭の中に浮かんでいる答えはものすごくシンプルです。

「1000人の親友を作ること」

親友です。

知人じゃダメ。友達も少しあやしい。
家族は物理的に無理。

親友を1000人作るんです。

たいがいのお店は、1000人のリピーターがいれば裕福。たいがいのライブハウスは1000人埋まれば満席。親友なら家族や友達も連れてきてくれます。1000人の親友はすごい。

馬鹿みたいな案ですよね。
しかし、コミュニティを持っているかどうかがこの時代のあらゆるプロジェクトの成否を決めている気がしています。

お笑いや、音楽活動、アパレル経営、そして出版や大学での講義など、その全てに「自分のコミュニティを持っているか、他人のコミュニティと連携しているか」が問われてきている実感があります。

これを読んでいる「集客」にお悩みのあなた!
中田の親友になりませんか?
中田のコミュニティに入り、中田の親友になり親友を増やしながらそのコミュニティを自分のためにもまるごと利用しちゃいませんか?

親友大募集中です。
中田敦彦オンラインサロン「PROGRESS」は1000人計画に向けて爆進中。しかし現在はまだ120人です。一緒に夢を見ましょう。

中田敦彦オンラインサロンはこちらから!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

144

中田敦彦

JUST DO ITの精神で、アイデアを全て行動に。オリエンタルラジオ・RADIOFISH・幸福洗脳・青山学院大学経営学部講師。同志は中田敦彦オンラインサロン「PROGRESS」へ!

役立ったマーケティング記事まとめ

社会問題を解決するためには、マーケティングが必要と考えています。そのマーケティングに関するnoteを集めたマガジンです。
2つ のマガジンに含まれています

コメント1件

以前イベントで熱いトークを聴いてファンになりました!よろしくお願いいたします!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。