やすきよ漫才「人の姿が変わる時」

西川きよし:私、正月が来るたびに「あー人間に生まれてよかったなァ」とつくづく思うね
横山やすし:どうして?
き:人間に生まれたからこそ、正月にはええ着物が着れ、きれいな格好が出来るねや
や:正月だけええ着物着れてもしょうがないがな、ミンクいう動物みてみいや
き:ミンクがどうしてんや
や:あのミンクは、一年中、ミンクの毛皮着れるねんで
き:…そらそうやけどな
や:ワニにしたかて、一年中、ワニのコート着れるねや
き:あれコートかい!
や:孔雀なんか一年中着飾ってるがな
き:なんぼ着飾れても、人間は着物さえ変えたらあんな姿になれるけど、動物は一生同じ姿でいないかんねん
や:そんなことあるかいな、セミなんかみてみい
き:セミ
や:タマゴ、幼虫、成虫と姿は変わっていくねや…これを変態という
き:…(やすしを指さし)これも変態という
や:アホな!…セミが殻を脱いで出てくるとこ見たことあるけど、なかなか色気があるね
き:色気!?
や:♪ タラッタラーララー ♪ (体をくねらせながら、上着を脱ぐ格好、そして、ズボンを脱ぐ格好をしてやめ)セミがここまで殻を脱いだ形、これをセミヌードという
き:ウソつけ!
や:♪ タラッタラーララー ♪ (ズボンをおろしかける格好)
き:もうええちゅうねん!
や:私は君みたいに、人間に生まれてよかったとは、全然思わんわ
き:それはどうしてや
や:人間には、わずらわしい、人付き合いというのがあるやろ、あれが嫌でねぇ
き:そら人付き合いは必要やからね
や:その点、動物に生まれてたら、人付き合いのわずらわしさがいらんで
き:その代り動物でも、例えば、セミにはセミのセミづき合い、トカゲにはトカゲのトカゲづき合いがあるの違うか
や:あっても、人付き合い程わずらわしないで
き:この男、本当、人付き合いの嫌いな男でしてね、そのくせ、どつき合いは好きでっせ
や:いらんこというな!
き:人間一人だけで生きて行けへんのやから「人付き合いが嫌いや」言うてたんではいかんね
や:別に一人でも私は生きていけるがな
き:ええ格好言うてからに。もし、君から私を切り離してみ、君、どないして漫才するねん
や:漫才はやめなしょうがないわいな
き:君から嫁はんを切り離してみ、君これから誰にシモの世話してもらうの?
や:私しゃ、たれ流しか!
き:それに、君から保護観察官を切り離してみ、世の中暗闇やで
や:…なんで私に保護観察官がつかないかんねん!私はちゃんと、おつとめを終えた体や
き:おつとめて…しかし、これからは君も、人付き合いが上手にならないかん
や:人付き合いの上手くなるコツ、なんかないか?
き:全般に言えることは、人付き合いの上手い人は、二つの顔を持ってるね
や:二つの顔!?
き:そう
や:やっぱり、こっちと(顔を示し)こっちに(後頭部を示す)
き:バケモンや!二つの顔をいうのは、つまり、顔の表情の使い分けがうまいということや
や:なるほど、使い分けねェ。そう言えば、うちの嫁はんなんか、二つの顔の使い分けうまいねェ
き:いや、君とこの嫁はんのうまいのは、二つの乳房の使い分けや
や:二つの乳房!?
き:(右胸を示し)こっちで君の機嫌をとっといて、(左胸を示し)こっちは酒屋の御用ききさんにどうぞ…使い分けがうまいわァ
や:アホなこというな!うちの嫁はんのうまいのは、二つの手の使い分けや
き:二つの手の使い分け!?
や:スーパー行くやろ、こっち(右手)で、正規の買い物をして、品物をカゴの中へ入れる。その間にこっち(左手)で、違う品物をスカートのゴムに挟む…うまいこと使い分けてるがな
き:えらいことする嫁はんやなァ!
や:うちの嫁はんは、人付き合いもうまければ、品物づき合いもうまいねや
き:品物づき合いて!しかし、売れてる芸人さんなんか、殆ど二つの顔を持ってはるからね
や:それは言えるかわからんね
き:あの喜劇王チャップリンなんか、舞台では三枚目に徹してたけど、一歩仕事を離れたら、真面目な紳士だったらしい
や:チャップリンがねェ
き:反対に、スクリーンでは二枚目中の二枚目のアラン・ドロンなんか、一歩仕事を離れたら、ハナたらすわ、ヨダレだすわ、ゴハンこぼすわ
や:見たんかい!
き:そんなもんですよ。日本の芸能人にも、みんな二つの顔があります
や:石野真子ちゃんなんかでも、かわい子ちゃんで通ってるけど、一歩楽屋に入ったら「さあ坊や、オッパイの時間ですよ」(オッパイを飲ます格好)
き:怒られるで!天知茂さんなんか、ブラウン管ではいつも難しそうな顔してるけど、一歩楽屋へ入ったら、パンツ顔からかぶって走り回ってますわ
や:この男(きよしを指差し)舞台では私をさも悪人のように、いつもいじめてますけど、一歩楽屋に入った途端(女ぽく)やすしぃ〜、がまんしてね、怒っちゃいや、ねーやすし〜、ウーン。これですからね。
き:ええ加減にせい!そんな顔はありませんが、たしかに私には、二つどころか、三つの顔があります
や:三つの顔
き:まず、一つの顔は、今の舞台にあがってる時の顔
や:なるほど
き:二つ目は、子供に対する顔
や:子供に対する顔
き:「お父さんは君たちに、偉い人になってくれとは言わないけど、真実一路、人に迷惑をかけない人間に育ってほしいと思っただけだよ」
や:なかなか立派な父親の顔や
き:三つ目は嫁はんに対する顔
や:嫁はんに対する顔
き:(土下座をし)「ヘレン許してくれ!もう浮気せえへん、もう迷惑かけへん、ごめん、すまん、かんにんや!」
や:情けない顔やな!しかし、そういう顔やったら、私も三つある
き:一つは、今の顔やろ
や:二つ目は、私を慕う女の子に対する顔
き:そんなんいるんかいな
や:(きざっぽく)「君、瞳が濡れているじゃないか、このハンカチでお拭きよ。もう泣くなってば。さァ、俺ら静かに霧の中へ消えていくからさァ」(口笛)
き:格好ええ顔やなあ!
や:三つ目の顔が
き:「すんまへん!そこまで調べられた上は、横山やすし、みんな白状します!」この顔やろ
や:もうええちゅうねん!
き:しかし、人の変わっていく姿を観察するのも、楽しいもんでしてね
や:変わっていく姿というと?
き:例えば、近所の奥さん同志でも、道端で会った時と、バーゲンセールの場で会った時と、全然態度が違うでしょう
や:(奥さんになって)「マー、山田さんの奥さんじゃありませんか」
き:(奥さんになって)「これはメガネ村さんの奥さん」
や:…メガネ村さんて…普通の名前でいけ
き:「田中さんの奥さんじゃございませんか」
や:「どこへお出かけですの?」
き:「ええちょっと、ショッピングに、パリの有名ブランド専門店がオープンしたと耳にしましたので」
や:「私もショッピングですのよ、ローマの有名ブランド専門店がオープンしますの」
き:有名ブランドて…
や:「広々としたお店ですのよ」
き:「私、ミンクのコートを買おうかなと思ってますのよ」
や:「マー、ミンクのコートなんてちんまい、私、マツタケのネグリジェほしいと思ってますの」
き:「ダイヤの指輪も欲しいなァ、と思ってるんですのよ」
や:「お古い方、私、カズノコのネックレスをどうしても手に入れたいの」
き:あるんかいそんなん!
や:そういう二人が、バッタリとデパートのバーゲン売り場で、顔を合わせるがな
き:「ちょっとちょっと、あんた、私が先に手にしたんやないの!」
や:「何言うのよ!私のほうが先につかんだんや!」
き:「やかましいわ!ひっぱりなちゅうねん!」
や:「あんた、山田の奥さんやないの」
き:「田中のおばはん!」
や:おばはんて!
き:「ひっぱりなちゅうねん!」
や:「あんた、ミンクのコート買いに行ったんと違ごたの!」
き:「いやそれは、つまり、ミンクのコートはですね…ひっぱりなちゅうねん!」
や:「なんにも引っ張ってまへんがな」
き:「あんた、マツタケのネグリジェどうしたの?」
や:「いえ、あれはですね…ひっぱりなちゅうねん!」
き:「ごまかしなちゅうねん!」
や:「こんな安い品物、死んでも私は離さへんからね」
き:「私かて同じよ」
や:「あんたね、言うとくけど、この品物に先に目をつけたの私よ」
き:「目をつけたのは、あんたか知らんけど、この品物の値札付け替えたの私よ!」
や:…恐いことするなァ
き:「ひっぱりなちゅうねん!…見てみい破れてしもたやないの」
や:「やぶれたァ」
き:「(上品に)マー奥様、私、ご近所のよしみで、この品物、奥様にお譲りしますわ」
や:もうええわ!
き:こういうバーゲンセールのお店とか、先着何名様まで粗品進呈の店へ走る女性の姿にしても、普段走ってる姿と全然違うしね
や:普段、女性が走る姿ちゅうのは、男の走り方と違う、なにか優しくと言うか、可愛さがある
き:うちの嫁はんの走り方こうやねん(可愛く、そして面白い走り方)
や:うちの嫁はんはこうだ(可愛く、そして面白い走り方)
き:(やすしの走り方に対してつっこみ)
や:その走り方が、一つ夢中になると(やすし面白く、豪快な走り方)
き:君はゴキブリか!
や:変わるもんでっせ
き:それから、他人の姿が変わる時というと、地震とか火事とか、急な異変が起きた時やね
や:変わるやろね
き:(客に)お嬢さんなんか、晴れ着着て、上品にわろてますけど、今ここで地震でも起きてみなさい。晴れ着まくり上げて(格好)逃げまどいまっせ
や:これはしょうがない
き:しかし、そういう人が騒いでるときにおちついた行動がとれる人こそ、素晴らしい人と言えるね
や:その人間が私ですわ
き:またええ格好する
や:現実に私、人が騒いでるときに冷静な行動をとったことあるがな
き:ホー
や:あれは何年か前、静岡県の競艇場でのことや
き:競艇場
や:丁度、5レースの始まる頃やった、かなりの強い地震が起こったがな
き:伊豆地震やろ
や:場内は、我先に逃げようとする者、泣き叫ぶ者、混乱に乗じて舟券を盗もうとする者、大混乱や
き:君は舟券を盗もうとした一人やろ
や:私は現金の方を…アホなこと言わすな!とにかく、場内はパニックになりかけた
き:パニック
や:パニックいうのは恐ろしいもんでっせ、馬肉は結構うまかったけど
き:いらんこと言うな!
や:私は大騒ぎする人々に向かって叫んだ
き:何を叫んだの?
や:「皆さん落ち着きましょう!皆さん冷静になりましょう!この程度の地震なら大丈夫です。身に危険はありません。落ち着きましょう、皆さん、冷静になりましょう…(急にガラ悪く)冷静になろ言ってるのがわからんのか、わからんのかワリャーー!」
き:いよいよ本性が出てきたで
や:私の必死の説得で、場内の混乱は納まったがな
き:君を見直しました
や:始まった後、私に対して、場内から割れんばかりの拍手や、私は拍手に答えて(両手を上げ)ヤァーヤァーヤァー
き:君にそんなことがねェ
や:それ以来や、人が私のことを、競艇界の快男児と呼ぶようになったんわ
き:競艇界の快男児…見直しましたやすし君の事を
や:君にはこういう快挙あるか?
き:あれは私が瀬戸内海の船渡ししてた頃や
や:あるんかい
き:船の汽笛が、ボーボーボーと激しく鳴った途端、ガーンという物凄いショックや
や:何が起こったんや?
き:船が氷山と衝突しとんねや
や:待て待て、瀬戸内海に氷山なんかあるんかい
き:氷山丸という、他の船やがな
や:船の名前かいな
き:私らの船には、大きな穴があいたがな
や:トトトッーツーツーツー、トトトッーツーツーツー(信号を打つ格好)
き:何しとんねや?
や:船からモールス信号打ってんのや、OSKの
き:…SOSやろ!
や:穴があったら、船は沈むやろ
き:そうや、場内はそら大パニックや、私は叫んだね…「皆さん落ち着きましょう!冷静になりましょう!落ち着きましょう。みなさん落ち着いて…」
や:落ち着け言うてるのがわからんのかオンドリャー!
き:君が私の船にまで、出てこんでええねや
や:その後どうなったんや?
き:やっと場内を落ち着かせて、私の誘導で客を救命ボートに順に載せていったがな
や:なかなかやるやないか
き:全員をボートに乗せたところで、乗客から、私に割れんばかりの拍手や
や:(両手を上げ)ヤァーヤァーヤァー
き:それは私がやるねや!しかし、それ以来や、人が私のことを、ポセイドン・アドベンチャーと呼ぶのは
や:…そんなん大したことないがな
き:他に君まだあるの?
や:あれは大阪の競艇場でのことやった
き:…何があったんや?
や:それ迄は順当な配当やったんやけど、第8レースで超大穴があいてなァ
き:超大穴が
や:そこへ誰かが「八百長や八百長や!」と騒ぎ出しよったから、たまらんがな、場内は大混乱や
き:いかんなァ
や:物を壊す為、建物に火つける者、売り上げ金を盗もうとする者
き:そう言えば、そんな事件あったなァ
や:私は叫んだね「皆さん落ち着こう、皆さん冷静になろう、暴力はいかん!」
き:…君の口から、ほんまにそんな言葉出たんかいな
や:私の説得でやっと騒ぎはおさままった
き:立派やなァ
や:「皆さん落ち着いてくれてありがとう、このレースで皆さんが負けた分は、私が負担しよう」こういうて私は、場内の一人一人に、三千円ずつプレゼントして歩いた…しかし、あの時使った三千万、今から考えると痛かったなァ
き:ほんまの話かいな!
や:私に対して、場内から割れんばかりの拍手や
き:それがほんまやったら拍手するやろ
や:私は拍手に答えて叫んだね…「エイエイオー!!」
き:出陣式か!
や:それ以来や、人が私のことを、競艇界の帝王と呼ぶようになったんは
き:今度は帝王かい!私も負けてられへんなァ。あれは私が東京タワーに登った時や
や:どや言うねん
き:タワーがひっくり返りかけて、大パニックが起こった時や
や:アホなアホな、東京タワーがひっくり返りかけたなんてニュース、今までに聞いたことないわ
き:新聞やテレビに出なんだけや
や:ほんでどやいうねん
き:私はこれは危ないと思た瞬間、上着を脱ぎ捨て、胸のS字のマークを誇りに、マントをひる返して、飛び立ち、タワーぐっと持ち上げて元に戻したがな
や:スーパーマンやないか!
き:あれ以来や、人が私のことを、タワーリング・インフェルノと呼ぶのは
や:…もっと現実の話をせい、現実の
き:君も現実の話せいよ
や:あれは、九州の競艇場へ行った時のことやった
き:競艇場はもうええねん、違う場所での話ないんか
や:あれは、うちの近所の風呂屋での話や
き:何が起こったんや
や:「火事や!」いう声とともにサイレンの音は鳴るわ、鐘の音はなるわ
き:風呂屋でねェ
や:女湯からも、生まれたままの姿の女性がどんどん飛び出してくるわの大混乱や
き:そら恥ずかしさよりも、命のほうが大切やもんなァ
や:私は、皆さん冷静になりましょう、落ち着きましょうと、裸の女性を元の女湯に戻した
き:待てや、風呂屋は火事やろ
や:それが「火事や」と叫んだり、サイレン鳴らしたり、鐘鳴らしたりしたんは誰かのいたずらや
き:君がやったんやろ
や:馬鹿なことを言うな、私がやってない証拠に、私は、叫んでサイレンと鐘鳴らしてくれた男に、礼金渡したがな
き:君が頼んでんのやないか!
や:それ以来や、私が、女湯のぞきの帝王と人からバカにされるようになったんわ
き:あかんわ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

漫才作家・中田明成

漫才の書き起こしをしています。 漫才台本の原本はhttps://www.manzai.workで公開中です。

やすきよ漫才

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。