やすきよ漫才「やすきよの二十一世紀」

西川きよし:昨日横山さんとこへ寄せてもろたら、珍しくあんた、嫁はんや子供たちと、カルタ遊びしてたがな
横山やすし:正月ぐらいは家庭サービスしてやりたいがな
き:しかし、君はカルタとるのなかなかうまいなあ
や:そうか
き:憎まれっ子世にはばかる…ハイーッ!…とるの速かった
や:…あのな
き:盗人猛々し…ハイーッ!花よりだんご…これは子供がとりよったなあ。悪銭身につく…ハイーッ!…君速かった
や:待て待て!悪銭身につくなんてことわざがあるんかい。身につかずや
き:身についたから、去年飛行機買うたん違うんかい
や:アホな!あれはちゃんと真面目にお努めした金で買うたんや
き:そやけど、まだ代金一銭も払ろてないそうやないか
や:あれどこで買うたか知ってるか
き:アメリカで買うたんやてな
や:遠い海外のこっちや、そのうちウヤムヤになるがな
き:恐い男やなあ!マーしかし、去年の大阪はにぎやかな行事が沢山ありましたね
や:いろいろあったがな、御堂筋パレードなんかもあったしな
き:御堂筋パレード…あの時の子供みこし、可愛かったなあ
や:チアガールもよかったで
き:おくんち祭りの竜がよかったね
や:バトンガールの見事なこと
き:ペンギンのぬいぐるみが可愛かった
や:外人女のムキムキ踊りの見事なこと
き:…君は女性しか見てないのか!
や:わい、去年も今年も男嫌いやねん
き:しかし、外人女のムキムキ踊りて、もうちょっと別の表現ないか
や:おきらいですか?
き:お好きです
や:ほな怒るな!
き:今年もパレードやるそうですわ
や:今年は私も車に乗って、パレードに参加したいね
き:やめとけ、石が飛んでくる
や:なんでやねん
き:海でも行事がありました
や:知ってる、ホ船祭りいうやつ
き:ホ船祭りて…あれは帆船祭りや
や:ホセンて書くやないか
き:それでハンセンやねん
や:そやけど、集まったん、みんな帆掛け舟やで
き:帆掛け舟て…あれはみんなハンセンいうねん
や:しかし、なかなか見事な帆船パレードやったがな
き:見事やったねぇ、帆に風をいっぱいに受けての行進や
や:(手で舟が動く感じを出しながら)♪ こんぴら舟々 追い手に帆かけて シュラシュシュシュ ♪
き:君は何がなんでも帆掛け舟にしたいんかい!
や:しかし、ああいう船に乗って、私もいっぺん航海してみたいね
き:やめとけ、君が乗ったら、マストにどくろの旗かかげて走らないかんようになるがな
や:海賊船かい!
き:ま、こういう行事は、大阪築城四百年の行事として行われたんですよね
や:築城四百年でっせ、えらいもんでんがな、ちくわ四百本とは違いまっせ
き:築城とちくわを比べてどないするねん!
や:しかし、私は最近思うんやけどな
き:何を?
や:もし、この私が四百年前に生まれてたとしたら、日本の歴史は変わってたやろな
き:なんでや?
や:太閤さんの後には、徳川家康やのうて、私が天下をとっとったがな
き:なにを寝言いうとんねや
や:いや、あの時代やったら、私は天下をとっとった
き:君ね、天下をとるいうのは、天ぷら屋から天かすとるのとは全然違うねんで
や:わかっとるわい!
き:ほな、どんな形で天下をとってたか説明してみい
や:太閤さんが死んだ後、関ヶ原の戦いがあって、大阪城の落城やわな
き:歴史ではそうなってるがな
や:もし私がその時代におったら、絶対に大阪城を守ってみせた
き:冗談も日曜と祭日に言えよ
や:なんやそれ?
き:休み休みに言えというとんねや
や:…
き:君が四百年前に生まれてたとしても、所詮君は足軽やて
や:私が足軽?
き:足軽やから、今の嫁はん尻軽やねん
や:…足軽と尻軽とどう関係あるねん!
き:足軽言うたら、どんなんや知ってるやろ。三角の帽子かぶって、安物の槍持って、いざ戦いになると、ワァーッ(へっぴり腰で攻めに行く格好)やられたぁ!…エキストラしかやらん役やで
や:アホなこと言うとんねやないで。私が四百年前に生まれてきたとしたら武将に決まっとるやないか
き:武将、君が?
や:当たり前やないか、私がどんだけ武将に向いとるか知らんな
き:知らん
や:わしゃ朝起きても顔洗わんし、新聞かて「おい、嫁はん持って来い!」や。どんだけブショウかようわかったやろ
き:…それ、無精者のブショウやろ
や:とにかく、私が四百年前に生まれとったら、武将になって、大阪城を守ってたわいな
き:刑法も守れん男が大阪城守れるわけないやろ
や:…しょうもないこと言うてんのやないで
き:例え君が武将やったとしても、大阪夏の陣での君の戦いぶり、大体想像がつくで
や:ホー、私の戦いぶりがどんなんか聞かせてもらおうやないか
き:ほな、実況中継風にやりましょ
や:実況中継風にね
き:(中継風に)大阪城の門は既に破られ、徳川軍は場内になだれ込んでおります。大阪城はもう落城するしかありません。大阪方には強い武将はいないのでしょうか。…いました、出てまいりました。横山やすしの守(かみ)の登場です
や:コラ徳川軍、ワリャなにをさらしてけつかんねん。よその城勝手に押し寄せてきやがって。来るんやったら来るんでちゃんと仁義きらんかい
き:まるでヤクザか武将か見分けのつかない、横山やすしの守です。お?よく見ると鎧には唐獅子模様が入っております。しかし、やすしの守の心意気は大阪方にとって頼もしい限りです。…おお、やすしの守が暴れだしました。またたくうちに敵を十人打ち倒しました
や:ええ実況中継してくれるがな
き:よく見るとそのうち、七人は味方でした。カッとなると何をするかわからない性格がとうとう出てきました
や:…勝手に中継しとれ
き:しかし、やすしの守大暴れ、大活躍です。敵もとまどいを見せております。あっ、敵はパトカーのサイレンを鳴らしました。とたんにやすしの守逃げ出しました
や:ええ加減にせいよ!なんで四百年前にパトカーのサイレンがあるねん
き:しかし、築城四百年もええけど、未来の日本、未来の大阪も考えないかん
や:そやから、大阪二十一世紀計画いうのもあるがな
き:大阪二十一世紀計画。みんなで盛り上げましょう
や:ところでちょっと聞くけどな
き:なんですか
や:大阪が二十一世紀のときには、東京は何世紀になってるの?
き:…なにしょうもないこと言うとんねん。大阪が二十一世紀の時は東京も二十一世紀に決まってるやないか
や:なるほど、東京は大阪以上の都会やから、大阪が二十一世紀になる頃には、東京もなっとるわな
き:…あのな君
や:そやけど、君とこの田舎は、まだよう二十一世紀になってへんで、
き:…二十一世紀というのは、みんな一緒になるねや
や:鳥取もかい
き:当たり前や
や:ほな、二十世紀梨の立場はあれへんやないか
き:知るかいそんなこと!
や:しかし、二十一世紀になる頃には、我々はどうなっとるやろね
き:私の想像では、二十一世紀には、私と君はこういう会話をしてるやろね
や:ホー、どんな会話や
き:やすし君、久しぶりやなあ。十年前のあの頃は、君も元気にやってたけど(涙声になって)あの、やすし君も、今はこんな墓石になってしもて…今日は君の好きな酒持ってきたで(墓石に酒をかける格好)
や:待て待て、二十一世紀まで、あと十六年や。その時はまだ私は五十五才や、それぐらいはまだ生きさせたれや
き:万が一君が生きてたとしたら、どうなっとるやろ
や:万が一てなんや、憎まれっ子世にはばかるいうやろ、ちゃんと生きとるわいワシは
き:…自分のことようわかっとるやないか
や:わしゃなんぼでもはばかったるさかいなあ
き:二十一世紀の横山やすしと西川きよしの出合いは、たぶんこうでしょう
や:ヤー、きよし君やないか
き:オー、やすし君!なつかしいなぁ
や:なつかしい
き:そうか、もう刑期終えたんか、何年ぶりのシャバや?
や:まてまて、アホなこと言うてたらいかんで。私しゃ漫才やめた後、実業界へ入って、今や二十一世紀の鴻池善右衛門と言われる程の大金持ちや
き:へー、そんなに立派になってくれてたんか、昔のコンビとして私しゃ嬉しいなあ(泣く)
や:泣くな
き:(ズズーッとやすしの服で鼻をふく)嬉しい
や:拭くな!
き:しかし、メガネだけは漫才やってた頃と同じのかけてるなあ
や:上等のメガネやったから、ずっとかけ続けとんねや
き:どこで買うたんや
や:メガネやさーん!
き:…アホさ加減も昔とちっとも変わってへんがな
や:私しゃ、今や世の為人の為に生きとるんじゃからのう
き:あのやすし君がねぇ
や:こないだも、大阪市へ橋を寄付してのう、その橋は、やすし橋とつけられとるわい
き:やすし橋
や:君も、なにか寄付などしとるかい
き:この前宝塚の近くへ、神社を寄付しました
や:ホー
き:今では、その神社は、きよし荒神という名がつけられてますよ
や:あの神社前からあるがな
き:で、あの当時よく一緒に仕事していた、桂三枝という落語家いましたやろ
や:いたいた
き:あの人、今どないしてます
や:あの男かい、あの男は今、うちにある十台の自家用車の、九台目の運転手をやっとるわい
き:後輩に、阪神・巨人いう漫才師いましたやろ
や:あの二人は今、うちに飼うてる二十匹の番犬のうち、三匹目と四匹目の番犬の役やっとるわい。いつも二人でこんなふうに「クワーン」吠えとるわい!
き:…好きなこと言いすぎやで!
や:夢は大きく持たにゃ
き:でもこれは理想で、現実は二十一世紀に入ってから二十年後も、我々二人はこれですわ
(一旦退場、舞台に出直して)
や:(老人の感じで元気なく)まいど、横山やすしだ
き:エー、漫才の骨董品でございまして
や:やっとれんわ!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

漫才作家・中田明成

漫才の書き起こしをしています。 漫才台本の原本はhttps://www.manzai.workで公開中です。

やすきよ漫才

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。