書店に並ぶ本を出版するノウハウ教えます!

著書【0円で、本屋にあなたの著書が並ぶ!ゼロからはじめる商業出版: 本のプロに「望まれて」出版する!コネなし・金なしでもできる「出版ノウハウ」体験談!!】

本も1000円で販売されています。
https://amzn.to/2P1m3Wi

こちらの著書はKindle版ですので、Kindleのアプリをダウンロードする必要があるのですが、Kindleからは本を読まないけれどノウハウは知りたい!という方もいらっしゃるので、そのような経緯でnoteでも販売することになりました。

どちらも同じ内容ですので読みやすい方からどうぞ。

【自分の企画だったけれど著者は違う人で出版された話】などの経験や対策法も書いているので、著者さんにも読んでいただきたいです。

わたしの体験談を書いた実話です。
3万5千文字で、読み応えはあると思います。

今まで本を出版してから聞かれた質問も全て答えているかなり濃い内容です。

気づいたら自伝になっていました 笑

「この人、どうやって本を出版したんだろう?」
と思った人は読んでみてください。

友人に率直な感想を教えてもらいたくて、校正の名目で一足先に読んでもらいました!

【全然知らなかった出版の裏話がたくさんあって面白かった!😳】
とのことでした。

内容ですが、下記が目次です!

《目次》

はじめに

第1章 書店に並ぶ本!出版する為のノウハウ

◼三〇~五〇代の経営者や独立したい男女に多い出版願望
◼コストをかけず、物凄く効果の高い広告が打てる出版 

◼出版をしたいと思った時にまず初めに必要な行動とは?
◼一円もお金をかけずに出版する方法
◼自費出版と商業出版の違い
◼自費出版から商業出版に繋げた知り合いの話
◼書店に並ぶ本とは
◼一円もお金をかけずに出版したいのならば⚪⚪⚪⚪⚪も必要
◼出版セミナーに参加。その内容とは?
◼あなたが地方にいても出版できる方法
◼あなたが海外にいても日本で出版できる方法
◼どうやって出版社の人に出会うか。出版にどうやったら辿り着けるか。
◼当時、悩んだことや努力したこと
◼出版はコネで始める人が大多数なのか?
◼SNSで拡散力がある人の方が出版社に喜ばれる
◼本を出版するとテレビの取材が来ることもある!

第二章 ブログから書籍化を目指すあなたへ

◼経営して◯年。いつか本を出版したいけれどブログを始めるべきか?

◼ブログをやっていたら出版社から声が掛かるものなのか?
◼ブログから書籍化される場合、全ての内容をブログに綴らないといけないのか?
◼自分の体験を本にしたい場合、ブログで記録を残すべきか
◼ブログからの書籍化は、男性より女性の方が有利?
◼どうしたら人気ブログになれるのか
◼ブログを多くの人に読んでもらう為にやるべき3つのこと

第三章 出版までの道のり

◼吉本ばななさんが大好きで、小説家になりたかった幼少期
◼本を出版しようと思った理由
◼企画を持ち込む!わたしがやった売り込み方法
◼出版の企画書は誰が書いてどのようにまとめたのか
◼人気テレビ番組に出演!YouTube動画回数がすごいことに!出版決定!
◼自分の企画だったけれど著者は違う人で出版された話
◼誰の企画かではなく、ネタの出所がどこなのかが大事!
◼絶望~ゼロからのやり直しで辿り着いたタイ
◼自分の企画を自分が著者として出版する為の対策
◼自分の企画の著者が違う人で出版されたから今のわたしがある!
◼オーストラリアのワーキングホリデーでチャンスを掴んだ秘話!
◼最初の出版社は大事?
◼文章が下手だと出版ができないこともある
◼文章が下手だと〝得〟はない
◼過去の教訓から、わたしが今でも努力していること
◼紙の本発売と同時に電子書籍版が出る本とでない本の違い

第四章 出版して人生が変わった!

◼二〇一四年一月に日本帰国、五月に夢の出版
◼実際に商業出版してテレビ、雑誌、新聞連載、ラジオ、取材殺到
◼「5時に夢中」大好きなテレビ番組にも出演!
◼わたしがこの人は一生出版できないなと思った人の特徴
◼自分からアプローチではなく依頼されての出版について
最後に
◼国際結婚とハーフの子どもを産む!という夢を叶えに

この続きをみるには

この続き:37,727文字/画像1枚

書店に並ぶ本を出版するノウハウ教えます!

パバンめい

1,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

パバンめい

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。