ごとう隼平(東京ネームタンク代表)

マンガのストーリーに特化した教室『東京ネームタンク』( https://nametank.jp ) を運営する株式会社漫画仲間・代表取締役。漫画家として大手出版社に通う中で、日本の商業マンガに共通して見られる構造を研究した。ネームに悩む人を0にしたいと思っています。

すべての商業漫画の核となる要素に名前をつけた結果

※今回は大事なキーワードを明かします!

僕が20代前半に漫画を本格的に描き始め、編集部に通って延々続くボツに苛まれていたとき…信頼できる「漫画技術の体系化」がどこを探しても見つからないことに絶望していました。

漫画のHowto本はたくさんあるのですが、どれも作画に関してばかりで、物語作りについて稀にあっても、その著者ならではの方法論というものが多く、自分に適用することは難しく思えました。

もっとみる

これで時代に追いつける!2019年最新マンガ傾向

明石焼きの店主が教えてくれた人生への格言

以前、移店を控えた明石焼き屋さんに頼まれて、新しいお店の壁にイラストを描いたことがあったんです。そのときに初老の店主が、これだけは若い世代に伝えておきたい、として教えてくれたことがあります。

上手くいってる人とそうでない人とどうしても差がつくが、長い人生の間には、それがリセットされて一斉にスタート地点に並ぶ時が来る。その時に気をつけなくちゃいけない。そ

もっとみる

「漫画家VS編集部」という企画やります本当に

本当にやるんですよ。11月18日、東京ネームタンクが集めた漫画家・漫画家志望の精鋭たちが集結して。相手はマンガボックス編集部です!

血で血を洗う戦いの火蓋がいま切り落とされる…!!
煽っていくスタイル!!

前回の記事は読んでいただけたでしょうか。
「週刊少年ジャンプ編集者の呪文を解読してみた」
この話はなにもTVの中だけの話じゃなくて、編集者との打ち合わせでひたすら打ちひしがれて帰ってくるとい

もっとみる

週刊少年ジャンプ編集者の呪文を解読してみた

NHKの番組「のぞき見ドキュメント 100カメ」で100台のカメラで少年ジャンプ編集部を観察するという企画が9/17夜に放送されました。
※ 9月24日に再放送があるそうです↓

東京ネームタンクが運営する「マンガ新連載研究会」のチャットルームでも話題になっていて、編集部の中ってほんとにブラックボックスなので、僕も視聴しないわけにはいかないと思い久々にTVに正対しました。

編集者からの怒涛のアド

もっとみる