ネット時代の帝王学

教材です。

1.はじめに

まず、この教材を読もうと思っているあなた。 もし、この教材にお金を払ってくれる価値があると思っているあなた。

そんなあなたにまず言っておく事があります。 

「あなたはカモです」

 搾取される側です。ありがとうございます。 ここまで読んで、「俺(私)はカモじゃない!なんだこの失礼な教材は!」と思ったあなたはブラウザを閉じましょう。

「なぜ、私はカモなのか?」と疑問を思った方は読み続けていただければ幸いです。 この教材では、この世の中で搾取する側と搾取される側をネットの世界をベースに書いたものです。

また、この教材は、お金を稼ぐための教材ではありません。ただ、そのためのキッカケを色々な角度から説明しているものになります。 手っ取り早くマネタイズ(収益化)したいのなら「月に100万円稼ぐ僕だから教えられるブログセミナー」にでも参加すれば良いのではないでしょうか?(1ミリもオススメはしませんが)

なぜ、この教材を"帝王学"と書いたのか?別に"勝ち組"でも良かったのですが、勝ち負けって個人の感じ方なので曖昧かな?と思ったからです。(勝ち負けを個人の感じ方と思わない方はもう少し頭を柔らかくした方が良いです)

帝王学と書くと大げさかもしれませんが、8割のバカ(搾取される側)を使って2割の頭の良い人(搾取する側)内で協力していきながら生きようと言う目的です。 2:8の割合は一般的なパレートの法則から取っております。厳密に調査した訳ではありません。

この世界で流通しているお金(資産)の半分以上は世界の1%の富裕層が持っている。と言うのは世界的な調査で出ています。大げさに言うと「日本のトップ20人が、日本で流通している円の50%を握っている」とでも説明した方が良いかもしれませんね。金はあるところにはあるんですけれど、本当の金持ちになっているくと持っている金額も桁違いになりますが、人数が本当に限定されてくるのです。

この教材は、「搾取される側」から「搾取する側」へと考え方を変える為に書いています。「俺は搾取する側だ」と思っている人にはこの教材は不要です。

マインドシフトなんてスピリチュアルな言葉を使うつもりはありませんし、「そうなるべきです!」と啓蒙する本でもありません。論理的に説明している本です。感情論は極力排除しています。世の中の仕組みとでも言えば良いでしょうか?

ブログを書こう!と言う目的でも無いですし、「こうすれば稼げる!xxを狙え!」と言うものでは無いです。ただ、この本を読むことで、新しい着目点を持ってもらえれば幸いです。

文字数が少ないかもしれませんが、極力1センテンスを短く書こうと思っているからです。小説では無いので状況描写は不要です。余計な水増し文書ではなく、ポイントをまとめて説明するように務めた結果この文字数になりました。テンポよく読めると思いますし、「これは!」と思った点があれば自分なりに深掘りしていただけれると幸いです。

この続きをみるには

この続き:20,514文字

ネット時代の帝王学

山田波秋

3,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ブログやってます。「ドーナッツ方位」って言います。( https://www.hi-jax.com/namiaki/ )よろしければみてください。

2

山田波秋

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。