早期英語教育のコツ②〜英語でお遊戯編〜

 早期英語教育のコツ①では考え方をお伝えしましたが、今回からは実践です。私が長年かけてたくさんのトライ&エラーを経て出来るアドバイスですので、有料記事にさせていただきます。

 これからいろいろな角度から方法をご紹介しますが、どうぞ焦点は目の前のお子さんに絞っておいてください。幾ら人に良いと言われたからといって全部が全部万人に当てはまる方法なんてない、という風にお考えください。
 時々一例をご紹介すると「言われた通りにしたのに、宿題をしなかった」などと言われる方がおられますが、それは「自分の子に合う方法ではなかったことが分かった」と前向きにご理解いただければ良いのです。
 誰にでも通用する方法なんて、ありません。ただ誰にでも通用する考え方として「人は一人一人、感じ方も当てはまるアプローチも才能も違う」ということが言えます。その違う才能が集まって社会が機能しているんだ、と理解されておくと今後気が楽です。

 お子さんに英語のアプローチをされたい方、①でもご紹介しました通り目的さえしっかりすれば、後は手段を選ぶだけです。焦らず楽しく取り組んでくださいね。お子さんに似合う服を探すように。

この続きをみるには

この続き:1,650文字

早期英語教育のコツ②〜英語でお遊戯編〜

なみお

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

Thank you!! 書き続けます♪

Cheers!!

なみお

フリーランスの教育者。そして母。日本の教育をあらゆる角度から見ています。子どもたちに必要なものはもっとシンプル。海外の教育と比較しながら研究中。いつか本を出したいと思っています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。