植物覚書1   ハハコグサ  柳宗民の雑草ノオトより

正式にはホウコグサという。

漢名は鼠麹草(そきくそう)

春の七草の「おぎょう」。ゴギョウというのは間違い。

地方によっては「餅草」という。これを餅草と呼ぶ地方では、草餅を作る時には、よもぎではなくハハコグサを用いる。

ホウコグサ属は学名をグナファリウム(Gnaphalium)といい、柔らかい綿毛があるという意味。

ハハコグサのように白色綿毛を密生し草全体が白く見えるものを相性して、外国ではダスティーミラーと称し、観賞用として花壇や寄せ植えの彩りによく用いられる。(ナデシコ科のフランネル草、シソ科のラムズ・テール、キク科のシロタエギクなど)

ハハコグサもダスティーミラーだが、野草扱いで観賞用には用いられていない。

チチコグサ  チチコグサモドキ  ウラジロチチコグサ  アキノホウコグサ

ホウコグサ  キク科1年草  Graphalium affine

2002年12月20日 毎日新聞社より刊行


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

植物に関する資格試験を受けるためのテキスト代と受験費用に当てさせていただきます。

やった〜

なな艸

昨年から野草料理にはまっています。普段の食事で簡単に、美味しく野草を食べること、そして酒のつまみになれば尚良しというスタンスで日々ごはん作りをしています。好きな料理家は瀬尾幸子さん。身近にある素材で気負いなく作れる野草料理を模索しています。野草スタイリスト、リースデザイナー。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。