見出し画像

野草食日記 85  庭に食べられる野草 アオミズが自生していた

雨が降って仕事は延期。
洗濯も乾きやすそうなものだけを選んだため、少なめです。
時間があったのでアイロンがけをしたのですが、それでもまだお昼まで間がありました。

何しよう?!
そうだ!庭に自制している名前のわからない植物の名前を調べよう。

ちょうど雨は小降り。
早速庭に出て写真を撮り、SNSのグループに質問しました。
そのグループには植物の専門家の方々が在籍していて、信頼が置けるのでよく質問を投稿します。
早いと10分、遅くても大抵30分以内には回答が送信されます。

3枚投稿したうちの1枚は、アオミズでした。
ちょうど数日前に食べられる野草として名前を覚えたばかり。

庭に群生して通路を塞いでしまったため、以前大々的に除草したのですが、その時、アオミズはなんとな〜く食べられそうな良い香りを放っていました。
その頃は慌ただしい時期で、調べる心の余裕はなく、そのままビニール袋に詰めてゴミの日に出してしまったのでした。
あ〜、惜しいことをした。

早速茹でて一口味見をしてみると、三つ葉のような繊細な香り。
胡麻を使って味付けをするとその香りを生かせないように感じたので、シンプルに鰹節と醤油でいただきました。

ちょっと繊維が強いのが気になるといえば気になります。
もう少し早い時期に摘んでみたら柔らかかったのかもしれません。

それでも繊維の強さより、香りの良さのほうが印象に残る魅力的な野草だと思いました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

植物に関する資格試験を受けるためのテキスト代と受験費用に当てさせていただきます。

素敵な出来事がありますように!
5

なな艸

普段の食事で簡単に、美味しく野草を食べること、そして酒のつまみになれば尚良しというスタンスで日々ごはん作りをしています。好きな料理家は瀬尾幸子さん。身近にある素材で気負いなく作れる野草料理を模索しています。野草スタイリスト、リースデザイナー。北鎌倉在住。

野草食日記

身近な野草をどんな風にして食べているかの記録。 地域で採れた食材を使った保存食作りなども載せています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。