六車 奈々

渾身のエッセイ、始めました。

ウンコ、ウンコ、ウンコ!

あなたは、自分のウンコを初めて見たときのことを覚えているだろうか?

娘は一歳半のとき、期せずして自分のウンコと対面することになった。
ちょうどお風呂に入っていた時、便意を催してしまった娘。急いでトイレに連れて行こうとしたが、二人が体を拭いてからトイレに向かう時間など、あるはずもない。かといって、ウンコを我慢できるような年齢でもない。

「せりちゃん、ここでしていいよ。頑張れー!」

人は教えられ

もっとみる

45歳、新たな夢へ

45歳にして、国家試験を受験をした。
受験なんて大学受験以来。かれこれ四半世紀ぶりである。

昨年の12月。私は突如、保育士の資格を取りたいと思った。自分の子育てに役立つことは勿論だが、美人塾の活動をもっと広げていきたかったからだ。
そのためには、取りたい国家資格が二つある。まず一つ目が、保育士の資格だった。

とはいえ、私の毎日は忙しい。昼ドラの主演をやっていた時より忙しいと思う。家事、育児、自

もっとみる

1000万馬券を的中させる方法

君たち。
一攫千金を狙いたいと思わないか?
たとえば、、、100円が2900万円になるとしたら?

そんなウソみたいな話が、本当にあったのだ。
2012年8月4日、新潟競馬第5レースでJRA史上最高の払戻し金が出た。
三連単29832950円。
つまり100円で買った馬券が、2983万2950円になったのだ!

では、競馬をご存知無い方のために説明しよう。
なぜ、こんなことが起きてしまったのか?

もっとみる

関西魂

その日も、娘と公園のブランコで遊んでいた。
早めに保育園へお迎えに行けると決まって公園へ立ち寄り、ブランコで遊ぶ。
ブランコは、娘が一番大好きな遊具だ。
私もたまに一緒にやってみるが、三半規管が衰えたのか、すぐに気持ち悪くなってしまう。子供の頃は、娘と同じくブランコが一番好きだったのに、歳には逆らえない。そんなわけで私は専ら、娘の背中を押してやるのが役目だ。

娘が乗ったブランコを高く持ち上げて手

もっとみる

異文化コミュニケーション

「日本の可愛いもの、何だろうな〜!」
14歳の私は、 日本の可愛いものを探していた。
なぜなら、Because 、、、My friend's birthday is coming soon!
おっと、失礼。つい英語で話してしまいましたわ。

14歳の私は、海外文通を始めた。
今のように簡単に海外の人とメールなどできない当時、『ペンパル』といって海外文通が流行った。
学校だったか英会話スクールだった

もっとみる

オタクトーーク!

私はオタクの人の話を聞くのが好きだ。
何年前だったろう。
たまたま見た夜中のテレビ番組で、アイドルオタクが集まって会議をしていた。『理想のアイドルグループ』を作るのだそうだ。

では、アイドルオタクが考える理想のアイドルグループとは?
まず人数は、偶然より奇数の方が良い。
なぜだかわかるかい?
『V』の字になったとき、センターが目立つからだ。
なるほどーっ!
中でも五人グループは一番キレイに『V』

もっとみる