バスケ男子日本代表の富樫選手・篠山選手はどこでプレーしているかヒートマップで見てみる

9月17日に大田区総合体育館で行われた、男子日本代表「FIBAバスケットボールワールドカップ2019 アジア地区 2次予選(Window4)」イラン戦。

富樫選手(千葉ジェッツ)と、篠山選手(川崎ブレイブサンダース)2人の司令塔はコートのどこでプレーをしていたのか、ヒートマップで見てみます。

■富樫選手

代表での富樫は千葉ジェッツとは違い、得点よりゲームメークをより意識している。「もうちょっとシュートを打とうと思えば打てますが、代表は各チームのエースの集まりであり、全員にボールを散らして12人でバスケをすることが大事と思っています。シュートに関しては、打つべきところで打つ、くらいに考えています」
出典:https://basket-count.com/article/detail/9669

という言葉とおり、イラン戦では3P1本、2P2本と得点は少なめ。
オフェンスプレーマップ(オフェンス時に選手がコート上のどこにいるか、をヒートマップで表した図。自分の造語です)を見てみても、そのスタッツが表すとおり、どのクオーターでも3Pラインの外でプレイしていることが多いです。

■篠山選手

ディフェンスがやっぱり自分の武器の1つだと思っていますし、そこは絶対止めるという気持ちでやりました
出典:https://basketballking.jp/news/japan/mnational/20180918/95799.html?cx_cat=page1

篠山選手も言葉とおり、この試合ではシュートはなし。
篠山選手のオフェンスプレーマップを見てみます。

篠山選手は、3Pラインの内側や、0度の位置にも、コート上の広範囲に渡ってプレーしていることが分かります。

■久々のバスケ観戦

久々にバスケを観戦しましたが、こんなに面白かったっけ。日本チームが海外の選手相手にこんなにインサイドで勝負できるのか。すごい。
次のカタール戦が楽しみです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

NANAKO

#スポーツ 記事まとめ

noteに公開されているスポーツ系の記事をこのマガジンで紹介していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。