音楽紙芝居上演会 in Andart(2017.2.26)

2017年2月26日(日)に、仲御徒町にあるアトリエ・ギャラリー「Andart」さんにて、生演奏と一緒に楽しむ紙芝居「nanakusabueの音楽紙芝居」の上演会をさせていただきました。


▶︎上演作品

1本目は、今回の上演会のために描き下ろした新作『遺された街』をお届けしました。キミとボクが宇宙を旅する物語「HoShiTABi」シリーズの新作となります。会場のAndartさんの内装は、青色が印象的なお店でしたので、青い中に黄色いお話はパッとして良いなと考えて選ばせていただきました。

2本目は、『虹を探して』。いつもはアコーディオンなのですが、今回はクラリネットの生演奏でおおくりさせていただいたので、既に見たことがある方にも新鮮に感じられたかも知れません。


▶︎当日の様子

14時、16時、18時と、全3回の上演をさせていただいたのですが、どの回もたくさんのお客様に来ていただきました。

店内は照明を落とし、海の中のような、宇宙を漂っているような非日常的な空間を作っていただきました。Andartの店主さんが、「ここにいると、よく時間がわからなくなるんですよ」とおっしゃっていたのもなるほど。また、18時の回は外も暗くなってきたので、大きなガラス窓越しに外の世界と店内が溶け合う様子が不思議で、とても素敵なおもむきでした。

ご好意で物販もたくさん展開させていただきました。通常の物販ではスペース的に持っていくことが難しい楽譜や、細々とした缶バッチなど、ゆっくり見ていただくことができました。

ドリンクにはAndartさん特製の宙色のソーダ水を用意していただきました。飲んでしまうのがもったいないくらいにグラデーションがキレイなのです。

上演会の記念にお持ち帰りいただける手作りのプログラムもご用意させていただきました。


▶︎新譜について

この日から、ニューアルバム「HoShiTABi recollections」が販売開始となりました。多くの方に手にとっていただき、本当にありがとうございます。

現在は、nanakusabueの通販ページからご購入可能です。また、Andartさんの店頭とオンラインストアでも、お取り扱いいただけることになりました。是非ごらんくださいませ。

▶︎最後に

Andartさんの店内BGMとして「虹を探して」と「HoShiTABi」のアルバムを使っていただいているということで決まった今回の上演会。小さいながらも魅力的な空間で、Andartさんでしかできない上演会になったなと感じています。

観に来ていただいたお客様に言われて初めて気がついたのですが、今回上演させていただいた「遺された街」と「虹を探して」は、非常に対照的なお話でした。nanakusabueの物語には、考える余地が残るものが多いです。観ていただいた方の何かを考えるきっかけになっていたら、とても嬉しく思います。

Andartさんでもイベントレポートを書いてくださいました。「nanakusabueの音楽紙芝居」 in Andart. 終了のごあいさつ

普段はアトリエ・ギャラリーとして営業されているAndartさん。海・宇宙・鉱物をテーマにした作家さんの作品が並んでおり、コーヒーやワッフルなどのカフェ営業もされています。お近くにお出でのさいには是非…!

【Andart】
海と宇宙と鉱物をテーマにしたアトリエ・ギャラリー
[営業時間]web siteをご覧ください。
[定休日]水、木曜日
[場所]東京都台東区台東2-23-5星丸ビル102
[web site]http://andart-gallery.com/


▶︎今後の予定

現在決まっている予定は、以下の通りです。

【浅草ライヲン百貨店】
2017年4月8日(土)11:00-18:00
9日(日)11:00-17:00
[詳細]http://lion-department-store.jimdo.com/

【デザインフェスタvol.45】
2017年5月27日(土)11:00 - 19:00
28日(日)11:00 - 19:00
[詳細]http://designfesta.com/


nanakusabue

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

最後まで読んでくださって、ありがとうございます!
1

nanakusabue

個展・イベントレポート

nanakusabueの出演したイベントや個展のレポートです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。