八潮七瀬

蔦の絡んだ洋館に住んでそうと言われますが、趣味はお茶ですあしからず🍵

書くほどのことではないかもしれないけれど。

彼と一緒のベッドで好き勝手にスマホを見ていたり本を読んでいたりする時間が好き。
私は就寝前のヨガを行なったり、彼はオークションサイトで車の部品を眺めていたりして、
時折「この部品どう?」って訪ねてきたり、私と一緒にヨガを行なってみたりする。
私は私で、ヨガを終えた後に彼の脇の下に潜り込んで彼の体温を感じながら目を閉じて眠りに落ちるのが好き。
昨夜、そんな時間に彼が
「キャンプってどう思う?」と訊い

もっとみる

結婚生活。

昨年の暮れにひっそりと結婚を致し、さりげなく居を海辺に移して早一ヶ月半。愛の綱引きが言葉を生み出し、月の満ち欠けが愛を増幅させると思っていたから、新婚生活の中で生まれる言葉は夫に伝えることはあっても第三者に公開するつもりはなかった。
けれど、日に日に夫が好きになる。だから、その気持の発露はやはり行うことになる。

預けていた楽器を引き取りに、夫と楽器工房へ行った。
いつもの如く私と工房主が楽器の状

もっとみる
ありがとうございます。よろしければ他の作品も覗いてください。
2

幸せになるには

私「○○さん(母)と離れて暮らすと色々不便だよね!イッセイミヤケ借りれないし」
母「ほかに不便なことないの?」
私「なに?」
母「私の資料もすぐに出てこないし、CDも借りれないんだよ!」
私「不便だー!!」
多分もっと根本的なところ忘れてるのですが、そんな母子なのです。

今までにも何度も一人暮らしのタイミングはありました。
海外で暮らしていたこともあるし、それならそれで良い距離感を見つけられた気

もっとみる

日記

バスの中でスマホを見ていたら、その目の端に動くものがいました。
カバンにしがみつくてんとう虫でした。彼は一生懸命につるつるした私のカバンの斜面を登っています。そっと彼を立ち去らせようと指先で進路を変えようとするのですが、彼は頑なにカバンにしがみつきます。私は諦め、スマホを見るのを再開しました。

駅前の郵便局に寄り、遅れてきた一本前の電車に急いで乗り、息をつきカバンからスマホを取り出します。まだカ

もっとみる
ありがとうございます。よろしければ他の作品も覗いてください。
2

雨の日の過ごし方

心の中に小屋があります。
そこは、夢に応じてギムナジウムになったり嵐が丘のお屋敷になったりするのです。
たまに夢の中でそこに行くと、なんだか懐かしい心地になるので、私はそこでふわんふわん過ごすのです。

雨の日は、特にそこが恋しくなります。
小さい頃にどこかへ置き忘れてしまった可愛いブローチや、学校で無くしてしまった綺麗な色鉛筆がそこの戸棚に仕舞われていて、彼らが恋しくなった時に会いたくなるのです

もっとみる