機能するUIを作れるようになる本-基本のキ編- note版

こんにちは、ななうみです。
先日より、技術書典5で頒布した「機能するUIを作れるようになる本-基本のキ編-」の記事を投稿させていただいてますが、この度noteでも販売いたします。

はじめに

この本は、誰でも「機能するUI」を作れるようになるためのデザイン本です。
そろそろ、UIデザインというのは体系化されて、みんなが日常的にデザインできるようになってもいいんじゃないか?と思ったので、執筆してみました。
可愛いキャラクターとともに、楽しみながらUIデザインの世界に触れてみてください。

具体的にはどんな本?

本のタイトルのとおりなのですが、ちゃんと使ってもらえるUIを設計するために必要な技術や考え方、マインドセットなどを記載した本になります。

エンジニアや駆け出しデザイナーなど、これからデザインの理解を深めていきたいというマインドを持った人に読んで欲しい内容になっています。
UIデザインの基本のキ編ということで書いているので、もちろん上記に該当しない方でも読んで理解してもらえるような内容となっています。

本の内容

1.UIデザインってなんだろう?-UIデザインが担う役割-
2.レイアウトを考えてみよう-レイアウトの決め方と基本ルール-
3.UIを構成している要素-UIの分解と組み合わせ-
4.フォントを選んでみよう-フォントが持つ印象-
5.カラーを設定しよう-色の持つ意味と組み合わせの印象-
6.UIのレイヤーを意識しよう-階層ごとに世界観を変える-
7.モーションをつけよう-動きが持つ意味と機能の補足-

機能するUIを作れるようになる本-基本のキ編-

この続きをみるには

この続き:354文字/画像14枚

機能するUIを作れるようになる本-基本のキ編- note版

ななうみ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!とても嬉しいです!
41

ななうみ

フリーランスのデザイナー。310LLP代表。 Webサイトやアプリ、ロゴを作っています。プライベートでは同人誌の作成やデザインもやっています。 最近、多趣味すぎて収拾がつかなくなっているので、少し精査したいと思っています。

#デザイン 記事まとめ

デザイン系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #デザイン のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。
4つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。