見出し画像

久しぶりに会社員になります

ということで会社員になります。

フリーランスではサイト制作を中心に、ディレクター&デザイナーとして行ってきました。案件のほとんどは中小規模の案件で、ほんとうにありがたい事に今まで営業らしい営業もほぼせず、ノソノソと活動してきました。
産休&育休明けという事で時間軸が育児や家事中心になってしまっていた事もあり、時間に融通のききやすいフリーランスという立ち位置は自分のスタイルに合っていたとも思います。

それで、今回なんで会社員になる事にしたのか?という所です。

おいJJ、最近何やってるの?

一番大きかったのは夫(JJ)の影響。
広い意味で同じ業界で働く人間がひとつ屋根の下で生活をしているわけですので、否応なしに相手が何やってるのか気になってしまうのですが、本人はコンプラの問題もあるので「最近何やってるの?」と聞いても、ほぼ教えてくれません。が、会社のニュースリリースとかで「え、こんなんやってたの?」とかいうと「あ~うん」位のレベルでは答えてくれます。家庭内の会話に難ありですね。
(実際はリリース情報の華やかな部分しか見ていないので実際のリリースまでの開発の苦労の面を見ていないただのミーハー心)
よその庭の事ながら、どこかで夫を羨ましく思っていたのかなと思います。それはそれで会社のブランディングとしては成立してるのでまんまと乗せられている感。

もしかして今、めちゃくちゃ面白いんじゃないか?

2つ目めは一番目に書いた事とシンクロするのですが、やっぱり技術的にもですが、既存の在り方(モノ・ヒト・コト)自体ががらりと変わった躍進の時代に生きているということ。手っ取り早く言うと、私もその流れに混ぜて!って思った事。

「おおきい・ちいさい」関係はないと言うけど

3つ目は規模。組織であったり、案件であったり、リスクヘッジも。
実際、私が個人でお請け出来る事が可能な案件の上限リソースは限られているので自分の身の丈に合った案件しか出来なかったのですが、組織に入る事で分業制となりそれぞれのプロフェッショナルがパフォーマンスをチームとして発揮するという事で今まで携われなかった比較的規模の大きなものや多角的な施策にも携われる点。

自分は今後どうありたいか?なれるかなれないかは置いといて、せめて一度考えようか

今まで、ディレクターとデザイナーのはざまで、紙ものから動画まで万屋のごとく動いていたのですが、ディレクターとしてしっかり腰を据えてやってみようと思った事。
今後、自分のキャリアパスを明確に。と、まではいかないけど、ごちゃごちゃ持ってる自分のスキルやら経験やらを整理してみようと思い、最終的に一番得意というか持ち味が活かせるディレクターに絞りました。
これからの5年後、10年後も一応ぼんやりと見据えたうえで自分が今後どうありたいのか。そして、自分たち(家族)がどうありたいのかを一度考えたりもしました。

-----

改めて見返すと、脳内お花畑の私がどこまで出来るか自分でも正直心配になってきましたが、実際フリーランスを辞めることで生まれるデメリットももちろんあるわけで一概に大正解!というのはまだ分かりませんし、今後どうなるかはまだ分かりませんが出来る限りの事を自分なりに頑張ってみようと思います。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10

タナカナナ

ディレクション業務をしたり母業をしたりごにょごにょやってます。 最近、ものごころがつきました。

よもやま話

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。