まとめブログ読者500人にアンケートを取ったら面白いデータが取れた

 

 最初から正直な話をすると僕はまとめブログがあまり好きではなく、自発的には絶対読まないように心掛けているのですが、ふと自分が「まとめブログがどういうものなのか」「どういう人が読んでいるのか」を考えることはあっても「まとめブログを読んでいる人がまとめブログにどういう印象を持っているのか」について考えることは少ない事に気づきました。
 今後、まとめブログについて考えるなら自分の中の印象や評価だけでなく、他者の意見も参考に、もっと広い見識を持ちたいと思ったのです。
 そこでアンケート作成ツール「クエスタント」で簡単な意識調査用のアンケートを作り、ツイッターなどで一週間にわたり回答を募りました。設問は選択制から自由記述まで。僕自身はまとめブログに否定的な人間ですが、そういった印象や主張で質問の内容が偏ることの無いよう、設問の作成には出来る限り考慮しました(それでも回答者の方々からある程度の指摘はあったのですが)。結果、500件に及ぶ回答を収集することに成功したのです。
 今回のアンケートを実施するにあたり、いくつかの有名なまとめブログをそれぞれ15分~30分ほど覗きました。読んでいて辛いものから素直に楽しめるものまで、感想はブログや記事によって様々でしたが、発見はあったもののまとめブログ全体に対する印象は以前と特に変わっていません。
 すると、なかなか読み応えのある結果が集まったので、この記事ではそれらを紹介したいと思います。

・回答者についての情報

性別
男性:260人
女性:240人

年齢
~19歳 10.4%
20~24 34.0%
25~29 27.6%
30~34 14.6%
35~39 7.6%
40~44 3.8%
45~49 1.2%
50~54 0.8%

 男性と女性の割合はほぼ半分。年齢層は20代が半数以上を占め、想定していたよりも10代に少ない数字が出ました。
 ちなみに各設問ごとに僕からの簡単な見解が述べられていますが、先述のようにまとめブログに関してあまり好意的な印象を抱いていない人間なので、充分に配慮してはいるもののある程度偏りのあることも言っている可能性があることを予めご了承ください。



Q1、まとめブログはよく読みますか?

毎日読む 31.4%
時々読む 47.6%
あまり読まない 20.4
今日初めて読んだ 0.6

 最も多いのは「時々読む」で、「毎日読む」と合わせると積極的に読んでいるのは八割ほど。年齢や性別による偏りはほとんどありませんでした。



Q2、好きなまとめブログはどこですか?

 ここで挙げられているまとめブログは、ツイート数や知名度などを参考にアクセスの多い有名なまとめブログをチョイスしたものです。

ハムスター速報    18.2%
はちま起稿      4.4%
オレ的ゲーム速報@刃 8.4%
やらおん!      2.4%
痛いニュース     9.0%
保守速報       1.0%
その他        56.6%

 選択肢にある中で最も票を集めたのはハムスター速報。単純な票数なら500票中90票以上になります。
「その他」枠で最も票を集めたのは「哲学ニュース」で34票、次いで「暇人速報」が17票、「カラパイア」なども多く名前がありましたが、総合してハムスター速報に次いだ回答は「特になし」(71票)という結果に。
「特になし」を挙げた人の中には「(ツイッターの)RTなどで回ってきたものを見ているだけなので、どこのブログかは気にしていない」という意見が多く見られました。
(皆嫌いだけど利用はしている/男性・20~24歳)
(子育てちゃんねる・すくすくちゃんねる/女性・30~34歳)



Q3、苦手なまとめブログはどこですか?

 ただでさえ敬遠されがちなまとめブログの中でも、さらにマイナスな印象を集めているのははたしてどこなのか?

ハムスター速報    9.0%
はちま起稿      21.6%
オレ的ゲーム速報@刃 20.6%
やらおん!      6.6%
痛いニュース     7.2%
保守速報       18.6%
その他        16.4%

 何かと問題が多く、ツイッター等でも嫌われ者の代表格にような扱いになっている「はちま起稿」と「オレ的ゲーム速報@刃」が見事にツートップ。読者層が重なっているようにも見える両者ですが、実はQ2で「はちま」を選択した人はこの設問に於いて「刃」を、「刃」を選択した人は「はちま」を選択する者が最も多く、この二つは名実ともにライバル関係にあるようです。
 注目してほしいのは、Q2で1.0%の支持しか得られなかったのに、今回は上位二つに肉薄する勢いで票を集めた「保守速報」。読み手を激しく選ぶ部分が数字に出ているのでしょうか。
「その他」では『特になし』と『全部』が半数ずつを占める結果になりました。
(基本的に仕組みや存在全てが苦手/女性・25~29歳)
(時事ネタ・芸能・アダルト全般/女性・30~34歳)



Q4.まとめブログを読む理由をお答えください。


情報の配信が早いから     8.2%
情報収集の効率がいいから   29.0%
ためになるから        1.0%
編集が中立的で信頼できるから 0.4%
面白い・笑えるから      43.4%
その他            18.0%

 最も多かった回答が「面白い・笑えるから」。趣味系やネタ系の記事を読む方からの票を集めました。一方、速報性の強い話題を扱っている記事方々からは「情報収集の効率がいいから」が票を集め、求めている記事の系統によって利用目的は大きく変わります。まとめブログ読者に於ける「情報収集」とは、ニュースそのものより、そのニュースに対する他者の反応を知りたい、という意図のほうが強いようです。周囲の顔色をうかがって右に倣う国民性が出ているような気もします。
「その他」に集まった意見では「暇つぶし」が多く、他には「まとめブログと知らずリンクを踏んでしまったから」という意見も目立ち、ネットならではの事故といえます。また2ch系、特に趣味関連に関しては「本スレが荒れているから」といった切実な意見もちらほら見受けられました。
(情報の信ぴょう性は無関係で、お茶の間的な反応の振り幅がわかるから。こんな人権意識ない人がいるんだなとかこんなことに文句いう人がいるんだなとか、他人を尊重する意識が底辺の人たちの実態が見えるから。/女性・25~29歳)
(専門板は特有の独自用語の存在や粘着アンチなどの書込みがあって、そのまま掲示板を見るよりもまとめブログの方が分かりやすかった/女性・20~24歳)
(頭を使わなくてすむから/女性・20~24歳)



Q5.まとめブログでどんな情報を収集していますか?


事件・事故など速報性の強い話題   8.6%
政治・経済関連の話題        2.4%
芸能スキャンダル関係の話題     1.8%
アニメ・ゲームなどのカルチャー関係 34.0%
炎上などネット上の話題       11.6%
笑える・泣けるなどのネタ関連    14.8%
その他・趣味関連          26.8%

 利用しているまとめブログや、ツイッター経由ではフォロワーの傾向などにも左右される要素ですが、アニメやゲームなどのカルチャー関連の情報を求めてまとめブログを覗く人が最も多く、「事件性・速報性の強い話題」が票を伸ばせなかったのはまとめブログの信頼性に欠けるイメージの影響より、そもそもまとめブログで得たいのは趣味に関する話題なのだという人が多いという観測範囲の問題、ということになるのでしょうか。
 サンプル数が少ないので参考になりづらい情報ですが、「政治・経済関連の話題」を目当てにしている2.4%の方々は主に「ハムスター速報」を支持している傾向にありました。著名な女性政治家が守りたがるのも頷ける結果です。というよりハム速は利用者層を問わない形になっているようです。
 こちらも性別や年齢層などによる結果の偏りは特に見受けられませんでした。



Q6.まとめブログの話題をネット外で他人とすることがありますか?


世間話などで普通にする         6.4%
限られた人としている          20.0%
したいが、できる人がいない       2.0%
できる人はいるが、することはあまりない 31.6%
極力したくない             40.0%

 約七割の回答者が、積極的にすることはないといった旨の回答を寄せていました。単純に新聞の報道やTVニュース、雑誌の記事などとは違い、メディアの浸透度の問題や自分が摂取しているネタの問題でおしゃべりの話題として通用しづらいというのもあるのかもしれません。
 「限られた人としている」というのも、ネット上なりネット経由のオフなり、という部分があるのだと思われます。話題においても媒体においても、人を選ぶメディアであるというのが強く影響しているのでしょう。
 話題に事欠かないメディアであることは事実なので、まとめブログ自体を話題にしたおしゃべりはしなくても、おしゃべりのための話題をまとめブログで手に入れる、という人は多そうです。



Q7.まとめブログにはどの程度の編集がされたブログが多いと思いますか?


激しく偏向的・扇情的なブログが多いと思う  40.4%
ある程度の偏向があるブログが多いと思う   44.4%
適度に編集された中立的なブログが多いと思う 7.2%
よくわからない               8.0%

 運営が個人であるか組織であるかに関わらず、絶対に中立的な編集は不可能であるというのが一般的なイメージであり、「ある程度偏向されている」と回答した人が最も多いというのは宜なるかなという気もしますが、それでも4割が「激しく偏向的・扇情的である」という回答をしたのは特筆すべき結果だと思います。
 情報を目当てにまとめブログの読む者もその圧倒的多数は、最初から信頼性や中立性などは求めておらず、無論、偏向の度合いもまとめブログによりけりであって、趣味関連に特化したまとめブログなどは比較的おとなしいようですが、酷い偏向のあるブログはそれだけ目立つ(目立つために偏向・扇情する)傾向があるので、それらによって植え付けられたまとめブログ全体へのマイナスイメージの大きさは無視できないでしょう。
 


Q8.偏向的・扇情的なブログは今後どうすべきだと思いますか?


もっとやりすぎてもいい    1.4%
そのままでいい        14.8%
もう少し控えめにすべきである 22.0%
極力中立的でいるべきである  30.0%
どうでもいい         31.8%

 先述のように、まとめブログは偏向や扇情ありきで記事が書かれていることを前提にして楽しんでいる人が多いので、「どうでもいい」という意見には「特に言及するほど問題ではない」「問題ではあろうが仕方ない・どうすることもできない」という主張も組み込まれているのだと思います。
 一方で、「極力中立的でいるべきだ」という意見も三割に及び、まとめブログの偏向性を危惧している人が多いのも事実です。偏向的であることは前提にしていても、看過したいわけではないという層の厚さが数字に出ています。
 サンプル数は少ないのですが「もっとやりすぎてもいい」と答えた層のほとんどはQ4の設問に於いて、まとめブログを読む理由に「面白いから」と回答しており、偏向的な構成や扇情的な表現そのものを楽しむ、もしくはより多くの刺激を欲しがるウォッチャー的な読み方をしている傾向があるようです。



Q9.自分が読んでいるまとめブログの情報はどの程度信頼していますか?


基本的に信頼している   4.6%
ある程度信頼している   6.4%
ブログ・記事の内容による 59.4%
ほとんど信頼していない  21.0%
全く信頼していない    8.6%

 約六割がブログや記事の内容などによると回答しており、是々非々で対応する方の多さが伺えます。今後は「どういった題材を扱ったブログ・記事なら信頼しやすいか」を尋ねてみるのも面白いかもしれません。
 「基本的に信頼している」と回答した層の多くは最も好きなブログに「刃」を挙げており、嫌われぶりが激しい反面、固定読者層からは熱い支持を受けていることがわかります。
 逆に「全く信頼していない」と回答した層から最も好かれているのは「ハム速」であり、豊富な話題で満遍なく読者を得る一方で信頼性は欠落している、あくまで情報ではなく娯楽と捉える人が多いようです。まとめブログ界の東スポというべきでしょうか。



Q10.まとめブログ以外でよく利用している・参考にしているメディアはどれですか?


テレビ・ラジオ    24.6%
雑誌・週刊誌     1.8%
新聞         11.8%
他webサイト     51.4%
メールマガジン    1.0%
あてはまるものはない 9.4%

 最も多かったのは他webサイト。webマガジンやニュースサイト、SNSなどで得られる情報のスピードや深度、双方向性の強さは賛否こそあるものの、旧来のメディアでは目の届かない部分まで補完しており、圧倒的な支持を得ました。
 また、テレビ離れが囁かれている昨今であっても、未だにメディアの王様として根強い支持を受けるテレビ。webアンケートである面が不利に働いてもそれなりの票が集まりました。
 一方で深刻なのは雑誌・週刊誌。ゴシップからお堅い話題、メインストリームからマイナーな文化まで、幅広いジャンルを深く網羅していた雑誌達もそのお株をネットに奪われては雑誌不況が囁かれるようになり、なんと1.8%という寂しい数字に。
 新聞も約一割という結果はいささか心許ない気がします。まとめブログが大手新聞やワイドショーの偏向を叩く記事をあげるのは、必要性こそあるものの盛大なブーメランの側面があり、その反面で新聞やテレビが提供したニュースで記事を書いている部分を考えると、これは個人と大手の組織・機関の違いという部分を配慮しても、報道姿勢の真摯さに於いてはまとめブログより旧来の報道メディアに軍配があがるような気がします。そりゃまとめブログ以下だと普通に困るのですが。



Q11.もっとも偏向的・扇情的な編集が多いブログはどこだと思いますか?


ハムスター速報    5.8%
はちま起稿      17.0%
オレ的ゲーム速報@刃 14.2%
やらおん!      2.6%
痛いニュース     3.8%
保守速報       22.8%
その他        2.8%
よくわからない    31.0%

 「好きなまとめブログ」で支持を得られず、「苦手なまとめブログ」で票を集めた保守速報、ここでも強し! 
 「刃」や「はちま」も安定の強さを誇っていますが、今回取れたデータから見ると傾向的に「はちま」や「刃」は騒がれやすさもあり、所謂「わかりやすい悪役」のような認識を得ているようですが、「保守速報」は思想信条・主義主張の面が前に出ていることもあってか、知ってる人の多くから見てもその偏向ぶりが「ネタにならないヤバさ」と思われているふしがあり、ある意味ネット界のアジビラと呼べる存在なのかもしれません。
 なお、ここまでの結果で「やらおん!」が特に注目すべき部分のないデータばかりを残しており、哲学ニュースか暇人速報にしておくべきだったかなという気持ちが湧いてきました。
「その他」に於いて一番多かったのは「全部同程度で酷い」でした。



Q12.もっとも信頼性の高いまとめブログはどこだと思いますか?


ハムスター速報    4.4%
はちま起稿      1.6%
オレ的ゲーム速報@刃 1.2%
やらおん!      0.4%
痛いニュース     3.0%
保守速報       1.0%
その他        3.4%
あてはまるものはない 85.0%

 今回のアンケートは回答者のみが回答後に途中経過を観ることができたのですが、多くの回答者の笑いを誘っていたのがこちらの設問でした。
 信頼できる・できないではなくあくまで信頼性の比較なのですが、それすらしたくない・不可能だという方が八割以上に及ぶという慈悲のない状況と、それにも関わらずまとめブログの閲覧の多さが変わらないのは、ここまできてこれを言うのも野暮な話ではありますが、「多くの読者にとってまとめブログの信頼性は読む・読まないの判断基準にならない」ということの証左になっている気がします。
 それは「その他」に挙げられた回答の中では、Q2で多く名前を挙げられた「哲学ニュース」がもっとも多かったという面からもわかります。
 なお、「好きなまとめブログ」で票をもらいながらその支持層の誰一人からもこの設問で票をもらっていないのは「保守速報」だけでした。逆にこの設問で保守速報に票を入れたのがどういう人なのかが気になります。



Q13.まとめブログはネットユーザーにどのような影響をもたらしていると思いますか?


とてもいい影響をもたらしている 0.2%
いい影響をもたらしている    5.6%
特に影響はない         27.4%
悪い影響をもたらしている    50.0%
とても悪い影響をもたらしている 16.8%

 約七割の方が「悪い影響をもたらしている」と捉える一方、「特に影響はない」と答える方が約三割に及び、いい影響をもたらしていると考える方は一割にも満たしていませんでした。
 まとめブログ読者がまとめブログの情報を盲信しているわけでも、盲信するようになるわけでもないのはこれまでの結果を見てもわかるのですが、それでもリテラシーや品格の問題、実生活に及ぶ影響などから危惧すべき材料は多々あり、事実前科の多さを考えると悪い影響を及ぼすのではないかと捉える方の多さは当たり前なのかもしれません。
 その傍ら、影響はないと捉える方も多く。これはあくまで僕の考えですが、この回答を選んだ方々にはまとめブログがあろうとなかろうと、人・物・出来事は行くべき方向に行くし、まとめブログには脅威と見るほどの力なんて無い、と認識している人が多いのではないでしょうか。それもまた、わかる気がします。



Q14.今後もまとめブログを読み続けますか?


出来る限り読み続ける   40.6%
読む量をもっと増やしたい 2.8%
読む量をもっと減らしたい 47.6%
もう読むつもりはない   9.0%

 およそ半数が「読む量を減らしたい」と考え、一方で「読み続ける」と考える人も四割に及び、意見が割れる結果となりました。
 読む量を減らすというのは、まとめブログ経由で手にする情報を洗練されたものにしたい、という意図もあるのでしょうか。そもそもまとめブログに広く信頼性がないことを考えると、時間的な面や物事への興味の在り方など精神的な部分に関する面が強いのかもしれません。
 もう読まないという方も約一割。もっとも、「読む気はないのにRTされたリンクなどでわからずに踏んでしまう」といった現象も多く、まとめブログも数の多さと拡散力の強さを考えると、当人がもう読まないと思っていても完全に回避するのは難しいでしょう。



Q15.最後に、まとめブログに関して言いたいことがありましたらご自由にお書きください。


・挙げられているものは悪質なものとして名前は知っているが、そもそもまとめブログの名前を個別に認識していない。おもしろいネタが紹介されていたら見ることはあるが、【悲報】とか「な件www」とか書いてあればその時点で見ない。一律でなくなってもらって構わない。(男性・35~39歳)

・ゲームの攻略などでちょくちょく読んでしまっているが、特にソシャゲに関するまとめサイトは詐欺やポイントサイトの広告につなげる悪質な自演記事も多く、限られた用途で読んでいるとはいえできればやめたい悪習である。しかしやめないでずるずると便利さを追ってしまう自分の汚さが醜いと思う。(女性・30~34歳)

・まとめブログは有害メディアですが、自由主義において、規制とかはしなくてよく、もしそれらが今後衰退するなら、見る側のリテラシーが高まったり訴訟リスクが高まることによってであるのが望ましいと思います。(男性・20~24歳)

・業界人ですらまとめブログを引用し、己から評価を下げている人が後を絶たない。 煽り立てるようなタイトルの記事は不快であり、また信頼度無い情報をなぜああも当たり前のように見れるのか理解できない。(男性・20~24歳)

・ニュースサイトよりアクセスの速さは否めない。 それが正しく、中立な情報という保証がないことは心配だが、代わりになるものもないことが心配。 せいぜいネタ記事やゴシップネタ程度にして、社会情勢などは扱わない方がいい。(男性・35~39歳)

・いちいち2chを見る暇もないのでまとめブログの存在はありがたい。アフィに関しても肯定的。儲けたければ儲ければよい。暇つぶし程度に読んでるので偏向があろうがなかろうが関係ないのが正直なところ。(男性・25~29歳)

・あったらあったでいいしなかったらなかったで構わない存在。絶対な信用は置いてないから、まとめサイトで気になるトピックスがあったら自分で詳しく調べる。あ、誤報後の訂正はちゃんとやれよって思う。(女性・20~24歳)

・あまりに偏向のある記事を書いているブログも多いとは思うが、こう考えている人もいるのかというようにある程度距離を置いて見れば、情報入手ツールとしては2chを直接眺めるよりはやはり便利なものだと感じる。私の記憶ではまとめブログの興隆は今に始まったことではなく、電車男などの時期からあったものであるし。(男性・20~24歳)

・新聞・テレビよりも手っ取り早く時事問題に関する記事が読めるが、常に特定の立場の人間を叩くまとめ方がされてて、読んでて不快なものも多い。特徴的な言葉を用いて否定的なまとめ方をしているブログは広告バナーなどに溢れている場合が多く、「アクセス稼ぎのために過激な言葉のタイトル記事にしているのでは」と感じることが多い(女性・20~24歳)

・まとめブログは「あくまで一般人の意見のまとめ」であってニュースの解説にはならないと思う。 全てのブログがそうだとは限らないが、 有名な まとめブログはまるでニュース解説サイトのように振舞っているように見えるし、Twitterで記事をRTする人の 中にも、 まとめブログを解説サイトのように扱っている人がいるのではないか。(女性・20~24歳)

・受け取る側の問題であってサイト運営自体とくに問題ないのではないかと考えています。 まとめブログに賛成でもっとみんなたのしもうなどと、肯定的なことを言うつもりは全くありませんが、まとめブログを悪くいう人はなぜなのかということが気になっています。 この回答と矛盾してしまいますが、まとめブログなんてどうでもいいような気がしてしまいます。(男性・25~29歳)

・2chのネタが見たくてまとめブログを読むことが多いです。安価で行動していく系統のものはみんなで寄って集って遊ぶ感覚が面白いです。編集されていることによって読みやすいと感じるものが多いです。(女性・20~24歳)

・まとめブログは悪い影響を及ぼしているとは思う。しかし、まとめブログ読者にとって無料で手軽に読めて、しかも自分の思想内容に沿った情報を垂れ流すメディアは他に無い。ブログを運営する側も読者の要求に応えて、偏向した情報を垂れ流す。 まとめブログの勢いが今後急激に衰えることは無いだろう。また、まとめブログの偏向が控えめになるということも無いだろう。(男性・25~29歳)

 

 その他、全部載せられないのが残念なくらい熱い意見を、全部で131件いただきました。もちろん全て目を通させていただき、どれもとても参考になりました。回答にご協力していただいた500名の皆様方、本当にありがとうございました。

 以上が今回のアンケートの結果になります。今後、まとめブログやそれに接する人の流れがどう移り変わるのかはわかりませんが、それぞれにとって本当に大事なことは何なのかを考えたうえで、まとめブログと付き合っていきたいものです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

41

星井七億

読んだもの

読んだもの、おすすめのノート。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。