フォレルスケット・ウィークエンド

しばらく目を閉じて、思いっきり目を開ける。そのとき飛び込んでくる景色はしばらく忘れられない。きっと感情もおなじ。しばらく蓋をしていて、やっと開けて飛び込んだものがあったとして。それはとてつもなく愛おしいものになる、なんて思うのだ。

パラパラと分厚い本をめくる。
「ストップ!」
声が鳴り響いて止めたページの宿題を解く。“今日の宿題”という本をランダムにひらきながら紐解いてゆく過去。たくさんの問題と、答えのない回答をたどりながら重ねていく紙。

夢を追ってここにきた。わたしは自分の道を自分で決めたけれど、それだけじゃ走れない。エンジンをかけて走り出せるのは自分だけ。でも、そのエンジンの持続性はきっとだれかの応援によるものなのだ。その安心をだれよりもくれたひとたちを、わたしは新しい日々のはじまりに添えた。

すべてがこわれてしまったとき、それでも大丈夫だとおしえてくれたひとたち。はじめて出会った日のことを、いまでも鮮明におぼえている。なにかがはじまる瞬間はぜったいにどこか特別で、でもそう思ってもすぐには言語化できない。だからしばらく自分のなかで、居場所をさがしながらふらふらと心地よく存在する。そしてなにかのきっかけでその居場所がきまったときおもうのだ。
“ああ、これが運命か”

暗闇は、消えない。暗闇をかき消す色なんてない。でもそれと同時に分かっているのだ。暗闇に差すひかりはちゃんとあって、そしてそれが少しずつ闇を砕き、ちいさくしてくれるということを。

ひかりをくれたひとたちと、宿題を解いていく時間。あまりにもいとおしく、胸がぎゅっと、心地いい。

宿題を解くために、またあたらしい本を探した。そして偶然がえらんだ先で出会った絵本に書かれてあった言葉で、わたしたちは確信したのだ。最高の週末だったということを。迫るのは甘い鼓動、見えるのはあたたかい肯定。ほら、運命というか、導きってあると思ってしまうのよ。


あなたはまだ経験したことがない?それとも、もう何度も味わった?
どちらにしても、すてきなことです。そして、forelsketは、なんでも思ったことを率直に伝えることから、一番起こりやすくなります。

ノルウェー語/形容詞
FORELSKET : フォレルスケット。語れないほど、幸福な恋におちている。

(引用:翻訳できない世界のことば

#コラム #小説 #エッセイ #物語 #本

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださりありがとうございます。あたらしい物語をさがしにいくために。大丈夫、今日もぜったい、いい日になります。

大きく息を吸って、ゆっくり吐くねん。深呼吸って知ってる?落ち着く魔法。
17

Takanana.

何度も読み返したい素敵な文章の数々 vol.5

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。