『玄関の覗き穴から差してくる光のように生まれたはずだ』展 6/25~7/7(※月曜定休)

2018年に刊行された、歌人の木下龍也と岡野大嗣による共著歌集『玄関の覗き穴から差してくる光のように生まれたはずだ』(小社刊)は現代歌集としては異例となる1万部を突破、Amazonの総合ランキングでベスト20入り、多くの書評でも取り上げられるなど、歌界をこえて広く話題となりました。

歌集の舞台となる7日間を含んだ6月25日~7月7日、本書の世界を空間として開く展示を開催いたします。

本展では、歌集に掲載された全217首とともに、詩人・谷川俊太郎の詩、小説家・舞城王太郎による小説、マンガ家・藤岡拓太郎によるマンガ、HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE店長・花田菜々子による作中人物の本棚、本書作品の朗読音源など、各ジャンルで注目を集める作家によるコラボ作品が展示されます。
また、本展特製Tシャツなど、グッズも販売いたします。

岡野大嗣と木下龍也による短歌教室の内容を初めてテキストにした冊子を販売、あわせて会場にて歌人二人による短歌の添削や、ゲストを招いてのトークイベントも開催。

会期中は、毎日、歌人二人による新作短歌が発表されます。
一冊の歌集の魅力と共に、展示会場で新たに生まれ続ける歌を味わいください。

期間:2019年6月25日~7月7日 12時~20時(月曜定休)
会場:CLOUDS ART + COFFEE(東京・高円寺)
http://cloudsartcoffee.com/index.html入場:無料
主催:ナナロク社

《展示について  特色とイベント》

New!!【短歌教室開催】
7月6日と7日のふたりの在廊日に、短縮版の短歌教室を開催します。
1日2回、30分ほどですが、創作の秘訣を出し惜しみなく披露します!
6日、7日ともに、
「午後2時の回」と「午後4時の回」の1日2回です。
この両日に限り冊子「短歌教室 抄録」(300円)も販売いたします。
展示内で開催、「聴講無料」、「予約不要」です。
講義中も展示の出入りは自由ですが、多少混み合うことご了承ください。

【短歌投稿】
本展は「見て感じる」だけでなく「書いてあらわす」展示でもあります。会場に、短歌を書く一式を設置いたします。誰でも自由に短歌を書いて投稿してください。最終日に、木下さん、岡野さんによる寸評の会を開催します。


【短歌レッスン】
会期中の6/30、7/6・7の3日間、木下さん岡野さんが在廊いたします。 
在廊中は木下さん、岡野さんそれぞれで、
短歌の個人レッスンを「200円/10分」で随時行います。どちらとも空いていたら二人がかりで行います(時間と値段は同じ)。1度レッスンを受けた方は、展示会場内であれば、ご自身の短歌についてのアドバイスは、ふたりの隙をみつけて気軽にお声がけください。


【作家在廊時間とイベントについて】
作家在廊日に以下のイベントを開催します。すべて入場無料、予約不要です。追加のイベントがある場合は随時ご連絡いたします。

6月30日 岡野大嗣+木下龍也 終日在廊
●16時30分‐17時30分 
「まほぴさんと朗読。そして創作の悩みや喜びを語る、会」
まほぴ(岡本真帆)×岡野大嗣×木下龍也「ほんとうにあたしでいいの?ずぼらだし、傘もこんなにたくさんあるし」の歌が、SNSで話題となった歌人のまほぴさんこと、岡本真帆さん。普段は、編集者として、作家さんの創作を支えています。
日々のなかでいったいいつ短歌を作っているの?スランプってどうしてます?と、めったに話さない創作についてのあれこれを、だいたい同世代の3人で語ります。そして、3人による新作と自作朗読も。

6月30日 岡野大嗣+木下龍也 終日在廊
●18時00分‐19時00分 
「花田さんと好きな本を語る、会」
花田菜々子(HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE 店長)×岡野大嗣×木下龍也
本書の登場人物である2人の高校生の本棚を、花田さんの想像で選書いただきまし
た。3人の本談義を、木下さんと岡野さんの読書遍歴とともにお話しします。

7月6日 岡野大嗣+木下龍也 終日在廊
●18時00分‐19時00分 
「三輪くんと生活と創作を語る、会」
三輪亮介(ブログの書籍化「日々はすべて穏やかな一日に」)×岡野大嗣×木下龍也
ナナロク社でアルバイトとして働いていた三輪さんは、今、話題のブログ作家に。お
互いを知る3人が、生活と創作の日々についてお話しします。

7月7日 岡野大嗣+木下龍也 終日在廊
●18時00分‐19時30分 
「みんなの歌と二人の歌を語る、会」
村井光男(ナナロク社代表、編集担当)×岡野大嗣×木下龍也
展示最終日、会期中に会場で投稿された短歌について、時間の許す限り、木下さん、
岡野さんが評していきます。お二人のこれからの創作についてもお話しします。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

46

ナナロク社

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。