小説家を目指すサラリーマンの365日 #3

通勤電車の中で奥山景布子さんの「葵の残葉」を読む。

夜まで仕事。

ご飯を食べ、バナナジュースを飲んだ後、国文法(総合テスト1)の勉強(30分)

その後、電池切れ。

気持ちの良い眠りだった。

若かりし頃の祖父が夢に出てきた。

朝、書き写していた宮本輝さんの「西瓜トラック」を分析(30分)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

いつもありがとうございます。
2

小説家を目指すサラリーマンの365日 season1

日々の記録
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。