見出し画像

結婚します。を正直、祝福できないあなたへ。

飼い主です。

今日友人の結婚式に出席した。
友人の結婚式に出席するのはおそらく15年?ぶりくらいだと思う。
この約15年。私は"結婚式"に対するイメージがあまりよくなくて、行くのを拒んでいた。

イメージがあまりよくない。
というのはどうゆう事かと言うと、、花嫁の自己顕示欲を満たし、久しぶりに再会した友人同士の幸せをアピールするだけの見せつけの場・モノ。もしくは、近況に対する愚痴を言い合う場。だと勝手に卑屈な感情を抱いて、偏見していたためだ。

どうしてこのように、人の幸せを素直に喜べなかったか。というと、単純に自分と比較したのだ。

私は傷つきやすい性格なので、当時は人を信用しないし、人が嫌いで、人のために生きるとかも嫌だし、人が沢山いる状態も好きではない。信じられるのは金だけ。
とにかく傷つくのが怖かった。
つまりずっと孤独で、寂しい女だと私は自分で自分をそう思っていた。

だから新しく家族を作ろうとしている人たちが理解できなかったのだ。

そんな卑屈な気持ちの私が結婚式に参加するのは、相手に失礼だし、気持ちというのは顔や態度に出るから本人たちに伝わる可能性がある。

とはいえ、嘘はつきたくないので、
あえて忙しくして、"仕事なんです"を強調して、欠席に○を15年間つけ続けた。

そんな私がある出来事がきっかけで、考えが一変する。

弟が結婚したのだ。

肉親が結婚するとなると、否応無く出席しなければならない。

というか、、

結婚式に出席する。。側ではない!

主催者側になるのだ。
しかも新郎の姉である。。

これは大変だ。
弟に恥はかかせられない。何とかわたしにできる事をしよう。

そこで初めて、、

結婚式。。というものがどんなものか解ったのだ。

結婚式は言わば報告式なのだ。

結婚し、入籍し、家族となるという事は
社会的にかなり大きい変化である。

一人で生きるよりも、責任が増える事になるのだ。

私たちは結婚しました。
夫婦になりました。
を、社会的に関わりのある方々へ報告をして、
暖かく迎えてね。何かあれば助け合いましょうね。
今後とも2人をよろしくお願いしますね。

という事なのだ。

私は人が嫌いなのに、人によってしか学べないことばかりだなぁと痛感した。

それほどに、弟の結婚(幸せ)は私の人生感を大きく変えてくれたのだった。

今、結婚式〜披露宴をやらないカップルが増えているらしい。
経済的な問題もあるのだろうが、
おそらく、この根本的な文化や想いを知らないから
"やらない"という選択肢が出てしまうのではないだろうか。。

恥ずかしながら私も数年前にやっと、、このような考えに至りました。

不思議なことに、、それからというもの
"人の幸せ"を素直に心から喜べるようになった。

羨ましいとかの感情すら湧き上がらなくなったのだ。

末永く幸せでいてほしい。おめでとう。と
心から思える事にまた、有難いと感じる。

そして今日。わたしは1組のカップルに対して、
心からまた祝福をさせてもらった。

おめでとう㊗️ございます。
末永くお幸せに🥰

それにしても、、、、

わたし、、、痩せなきゃなぁ。笑笑

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

なんだけど。ねちゃん

婚活中の独身メス猫なんだけど。 ステキなオス猫を求めて、毎日旅に出かけてるんだけど。旅先であった事や自分磨きで知り得た知識。 政治、時事ネタなんでもござれー!なんだけど。

飼い主の部屋❤︎今日から猫を飼いはじめました。

はじめまして。飼い主です。 趣味の延長で色々書いてます。 今日わたしは猫を拾いました。 かわいそうに。。もう適齢期を超えているのにポツンと寂しそうにしていたので。。 名前は"ねーちゃん" 彼女はステキな雄猫を求めて毎日どこかに行ってしまいます。自由奔放な彼女ですが、ど...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。