見出し画像

教育は、自律。目的を考える力を養う。

カンブリア宮殿で「麹町中学校 教育改革」が放送されていました。

見ていて、驚いたのが宿題がない・教師と仲がいい生徒がいることに衝撃。

娘の教育にも活かせるマインドを作る上でかなり私自身の心に響いた番組でした。

麹町中学校校長先生の言葉がこちら

目的のない行事や教育を積み重ねるのは、大人が考えているより子供にとって罪になる。他人と比較しないので、自己否定することがない。そして、自己開示ができて、挑戦ができる。わからないものをわかるようにすることが学び。                 麹町中学校 工藤校長の言葉

これから人生を生きていく上で、宿題という人から与えられたものをこなす人は通用しないです。

自分で物事を考えて、宿題という課題を把握し、それを解決出来る力が一番必要なのです。

何か問題が生じた時に解決する力。

そして、なぜそのアクションを取るのかという目的を持つこと。問題を解決するためには、目的意識を育てて、自律した人になることが大事なのですが、それに気づくように持っていける麹町中学校の先生方は素晴らしいと思いました。

番組の中の先生方を見ていて、気づきを与えるためのポイントに私は気づきました。

それは、

相手の気持ちをとことん聞くこと

そして、応援すること

だたそれだけ。アドバイスよりも対話を心がけているところです。

アドバイスなんて参考程度。自分で考えて答えを出すプロセスが大事なんだと、子どもの教育だけでなく、これからの自分たちの生きる力としても重要だと番組を見て思いました。

思っただけではそれで終わり。

だからこそ、日々自分の心・娘の心・家族の心との対話の時間を作るですね。

試しに、心との対話を娘にやってみました。

どうして縦抱きではおっぱいを飲まないのか?

娘の気持ちになってみると、「お腹いっぱいだし、添い乳の方が飲んだ後気持ちよく寝れるから、ベッドで横になって飲みたいな〜」と私は思い浮かびました。

なので、お風呂上がりの空腹の時間帯を狙って、縦抱き抱っこで飲ませてみる。最初は嫌がったが、娘を抱っこし笑顔で微笑んでいることを心がけた。そして、抱っこして幸せだな〜という気持ちに私がなってみた。

そうすると、娘もおっぱいを口にくわえて、飲んでいくうちに気持ちよくなって、そのまま寝てしまった。

子どもは自分自身の投影。

自分が穏やかでいれば、子どもも安心して穏やかなのです。

娘にも、「自分で考えて問題を解決出来る力」を伸ばしてあげよう!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

共感してもらえて嬉しいです。
3

なのん

ベンチャー起業家妻のパワースポット的生き方|こよなく愛するもの:娘、主人、かりんとう、お酒、一人遊び|生きるパワースポットブログはこちら⇨http://kokoro1111kibounohikari.jp |このブログが誰かの人生を笑顔にするきっかけとなれば嬉しいです。

ゆめ叶日記

取り柄も存在感もない一人大好き新米ママが、人生の流れに全てを委ねて、日々感じたことをメモし、小さな一歩で夢を叶えるための実験日記
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。