トレーナーのインフラ状態にどう向き合うか



トレーナーとして生き残るためのノウハウです。


今、空前のフィットネスブームが到来しています。


自身がコンテストに出て成績を出し、そこからトレーナーに転身する、または目指すというパターンが多い。


いや、これはとっても素晴らしいことだと思います。

パーソナルトレーナーの認知度も高まりますし、同志が増えることとっても嬉しいです。


ですが、聞いてください。


ボディメイク指導しかできないトレーナーさんは今後生き残りが厳しくなる。


その理由を書いていきます。


|例え話をします

この続きをみるには

この続き:699文字

トレーナーのインフラ状態にどう向き合うか

直生(nao)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただいたお金は全てタンパク質に変えさせていただきます。

直生(nao)

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。