人は”いれもの”のようなものである。

昨日、公開となった映画『君が君で君だ』。
3日前の先行試写にお邪魔したのですが、3日経ってようやく感想がまとめられそうです。

本作の主人公は、一人の女性に魅せられ、その女性を愛するあまり、本来の自分を捨ててしまった不器用な3人の男性です。
自称、彼女を守る「兵士」として、3人は彼女の全てを監視し、彼女の全てを受け入れ、彼女の全てに一喜一憂します。
そしてその歪んだ生活が彼女の幸せとともに揺らいで

もっとみる

現場を探す師走

「俺は現場主義だから」が口ぐせの上司がいる。
12月に入り、転職後で一番忙しい日々を過ごしているが、自称現場主義の上司にはあまりそれが伝わっていないのか、冷静に考えてもやや的はずれな指示ばかりを僕に出してくる。
「現場主義」が「常に現場で仕事をする」ことを意味するのであれば、多分僕と上司の間には「現場」という言葉の解釈に差がある気がしていた。

「現場」と聞いて思い出すのは『踊る大捜査線 THE

もっとみる

日の出橋の僕へ

半年前まで、鎗ヶ崎の交差点あたりにある築40年超えのマンションに住んでいました。
窓から見えるアトラスタワー中心の街並みと、駅に向かう途中に渡る日の出橋が好きで入居を決めた家でした。
日の出橋から覗く目黒川は穏やかで、水は川底が見えるくらい澄んでいます。
ここに越してきたばかりの頃は、東京でも綺麗な川を見れるという事実に毎日感心していました。

でも、そんな目黒川も大雨が降ると途端に表情が変わり、

もっとみる