ドンキー日記2018年4月

4月30日
  カーテン越しでも朝日がすごいので、6時頃に目が覚めた。
朝食をいただく。ボーっと食べてたら知久さんの隣だった。アジの干物、目玉焼き、ひじき。
 部屋に戻って敷きっぱなしの布団にまた横になる。まくらを合わせる瞬間にめまい。なので寝返り体操を10セット。スーツケースと楽器を宿に預け、外に出て山側を歩いているうちにめまいが治った。

 魚屋さんでカワハギの生干しとイサキの開きをキープ。たまの人たちが順にソロで歌っている。 原マスミさんは昨夜、相当呑んだらしく二日酔い。一緒に呑んでいたという原さんのマネージャーさんやうちのスタッフも二日酔いとのこと。そんな話をしながら知久さんのライヴ。ギタープレイに痺れた。
 かなりアウェイな状況だったけど、流石にお客さんも沢山いたしリラックスして歌う。終わって原さんのステージを観てたら、滝本さんがコーヒーをご馳走してくれた。「ギターすごくいい音でした」と言ってくださって嬉しかった。原マスミさんも「あのギブソン鳴るよねー」と。1969年のJ-45。一番お金のない時に無理して中古で買ったギターだけど、丈夫でよく稼いでくれている。歌い終わった時、山口マオくんがこれ進呈するよと木版画「愛のさざ波」をくれた。
  旬膳はな房で食べごたえのある海鮮丼。アジフライも付いてきた。3人のたまを観てお開き。館山で少し時間を潰して、一気にアクアラインで帰京。渋滞を挟んでも1時間40分。房総は近くなった。

4月29日

 起きたらめまい。この感じ何年ぶりだろうか。
 午後4時頃にアクアラインを通って海ほたる、そしてそのまま館山道。千倉に18時に到着。宿の駐車場からパーティ会場へ。たまの皆さんや原マスミさんが歌う。

  民宿は海風が入ってくる部屋。畳に寝転がると冷たくて気持ちいい。あとはのんびりする。

4月27日
 朝、塩ジャケとアスパラの揚げ物でごはん。「男はつらいよ」を連続で3話とかおふくろもタフだ。
 初代メンバーのバンドウジロウくんに電話。野音で弾いてくれるという。良かった。本当に嬉しい。
  品川駅で蕎麦食べて、下北沢の薬局でヘパリーゼ飲んでからアナログばか一代。ザ・バンド特集。その特殊性ゆえ、基準には決してならないモービル盤(オリジナル・マスターを借りて独自のマスタリングをして発売する、再発専門メーカー、MFSLモービル・フィディリティ・サウンド・ラボ)だが、風知空知は音の良い会場だからその違いは確かめられたはず。とはいえ、ターンテーブルの調子が前回ほどではなかったような気がする。
 湯浅さんが猫の世話をするために定時に帰ったので、樋口さん、横尾、平澤くんたちと会場に残ってご飯。荷物が重いので大崎駅からタクシーで帰宅。運転手さんが勝手に行き方決めた上に、道路工事で渋滞中にあれよあれよと80円ずつメーターがあがる。タクシーってこんなだったかなぁ。
  ソファで横になって大好きなクリストファー・ノーラン2作目の「ダークナイト」を。

4月25日
 雑務。制作。今日の映画は「パッセンジャーズ」。

4月24日
 夕食は中華丼。作業。録画してた「her/世界でひとつの彼女」を観る。

4月22日
 カレーと肉じゃが。おふくろは『男はつらいよ』。10作目から12作目まで。夕食は水菜、茄子、高野豆腐、油揚げのうどん。
 フジテレビ「Love Music」で津田大介くんがカーネーションを紹介してくれた。映像は天国と地獄再現ライヴのもので曲は「未確認の愛情」。
 原稿を2本立て続けに10枚ほど書く。

4月21日
 9時起き。久しぶりの肉じゃが、あと豚冷しゃぶを大根おろしとポン酢で。

 美容院からタクシーでタワレコのパイドパイパーへ。ブラウンノーズがセッティング中。鈴木惣一朗くんが登場、もなかの差入れ。長門さんヘルニアで松葉杖。辛そうだけど、色々と気を遣ってくださる。まずはトーク。キンクス、ヘロン、オーヴィル・ナップ、ポール・マッカートニー、RUNTなどを聴きながら。ライヴはトリオで。モニタが無いのでギターの音がまったく聴こえなかったけど、盛り上がった。客席に台風クラブの石塚くんにとても良く似た人がいるなぁと思ったら本当にそうだった。

 秘密のミーニーズ、ルルルルズの皆さん、谷口雄くんと記念撮影。長門さんが「これは特別に作ったやつ」と言ってローラ・ニーロ1stのマグネットをくれた。
 レコード・ストア・デイのディスプレイを確認に渋谷のディスクユニオンへ行くとレコード掘りに夢中な曽我部くんとばったり。「(ステッカーやポスターなどを指して)直枝さんだらけですね」と笑う。

『HOPKINS CREEK』をプレゼント。RSDのWILCOのライヴ盤を購入。レジで店員さんと記念撮影。その後、居酒屋でブラウンノーズと大いに呑む。BGM : RUNT「We Gotta Get You A Woman」

4月20日
 イヴェント用の選盤。ガソリンスタンドでナンバープレートの電球を交換。工賃含めて千円。マーチンのギター弦を買ってから衝動的にくら寿司へ。大トロ一貫100円というクセになるやつを食べても計1.300円。あんまりなデフレ価格は良くないが。
BGM : カネコアヤノ「Home Alone」〜℃-want you!「愛のナンバー」(7インチ)

4月19日
 昼はカレーライス。15時までおふくろと「男はつらいよ」2本。ミックス日ゆえ池尻のスタジオへ。夕食は鉄板焼き。豚ロースのソテー。午前2時過ぎまでかかって作業は終了。
 ハラくんとマネージャーを乗せて杉並。途中でコンビニに入ろうとしたらパトカーにつかまる。後ろのナンバーのライトが切れているとのこと。今回は警告だけにしておくが、車の中を見せてという。職質みたいなものか。気の毒に思ったのかハラくんがコーヒーを奢ってくれた。優しい。ぼくはストロベリーチョコを買っておすそわけ。
 実家で残りのカレーを軽く食べて、高速に乗って千葉へ。

4月18日
 柏のユニオンでシングル盤を購入。スライとかザ・バンド『Rag Mama Rag』のドイツ盤(「Unfathful Servant」の音がとても奥行きがあり素晴らしい)。

 夕食はぶっかけうどんの冷やし。ウォーキング9.3キロ。
 師匠から教わった小さなデジアンプとライントランスを導入してからはCDも新鮮。ジェイムズ・テイラー『オクトーバー・ロード』が新たなリファレンス盤に。あと今更だが、スティーリー・ダン『ガウチョ』のSACDハイブリッドは音の伸び方が尋常ではない。
BGM : haruka nakamura『音楽のある風景』

4月17日
 深夜に戻って、眠いのについついFIRE TV STICKをいじってしまう。で、ようやく映画『横道世之介』を観た。なんという余韻。ぼくにはこんなピュアな物語は作れない。
 昼に野菜の煮物と生卵で軽くご飯。15時半に出社。まずは会報の袋のスタンプ押しから。18時に大田くんと選曲。19時にスタッフが揃い送付作業。21時過ぎにソーセージのおいしいお店で乾杯。
BGM : Alex Chilton『Free Again: The "1970" Sessions』

4月16日
 深夜一時に実家。便利なFire TV Stickで映画『砂の器』。2度目だけど殆ど忘れていた。丹波哲郎が素晴らしい。このラストの流れは映画でしかありえない。
 昼、母親と一緒に父親の墓参り。すき焼きを食べてから事務所へ。できたてほやほやの『HOPKINS CREEK』アナログ盤をもらう。

 今日も掃除したり領収書貼ったり。19時に整体。食事。野音の選曲などをしているうちに帰りがまた深夜2時を回った。
BGM : 立川志らく「文七元結」「死神」

4月14日
 背中が痛いのはこないだの整体の好転反応か。昨日は鼻水が止まらなかった。寿司を食べ、録画してた「パッセンジャー」を。ジェニファー・ローレンス。

4月13日
 一日中浅川さん宅。モノ・カートリッジのセッション、そして湯浅さんの分も作るということで、タッパーを利用してのライントランスを共作。ケーブル切ったり、さほど難しくない部分のはんだ付けとか。これがまたCDの音が激変するので面白い。CD用に安価なデジアンプをもう1台欲しくなった。
結局、最高のタイカレーを夜も食べさせてもらって大満足で帰京。あの辺りの夜の田んぼ道には本当の闇がある。Google Mapまかせのドライヴは中々にスリリングだった。
BGM : Paul McCartney 『Various ‎– Something For The Weekend... Paul McCartney's Glastonbury Groove』

4月12日

 先日拾ったタンノイの大きなエンクロージャー4本を車に積んで千葉県いすみ市の浅川さん宅へ。つげ義春さんの「海辺の叙景」の舞台になった大原の海やその周辺の寂れた集落などを案内してもらう。

 最高にいい音のするオーディオ大音量で体験したり、絶品のお手製タイカレー(柑橘系の隠し味が粋)に青唐辛子とハバネロと柚子をナンプラーで和えた辛みを入れつつ、ご馳走に。刺激的すぎて夜には帰ろうと思ってたけど、泊まることに。
BGM : 森進一『森進一物語~ある歌手の限りなき道~』

4月11日
 午後に事務所。整体へ行き、その帰りにクレープ屋に並んでたら大森さんのファンの方に声をかけられる。「靖子ちゃんにDMしよう~」と。その後すぐに大森さんから「クレープ買ったでしょ!」とメッセージ。初のクレープはチョコとバナナ。クレープはパリッとしてて美味しかった。
事務所で深夜1時過ぎまで仕事。そこから機材を倉庫へ。
 昨日、初めて行った整体は殆ど指を触れない治療で、とっても不思議な感覚が残った。深夜になって身体中のあちこちが反応している。好転反応なのだろうか、悪いところが疼くのか。首とか腰とか、何となくわかる。
 今日もらった『HOPKINS CREEK』アナログ盤、音バッチリ!狙い通りだった。
BGM : 前野健太「嵐〜星での暮らし」(YouTubeで)

4月10日
「Future Song」のヴォーカルのサブとコーラスを録音、送信。夕食は中華丼と餃子。買ったばかりのSHUREのイヤフォンをエージングがてらウォーキング6km。

4月9日
 大根おろしがやめられない。
 夜中に映画『パララックス・ビュー』を。変な映画すぎる。ダムの放水シーンがやばいし、おそらくそこを観るためにまたDVDをかけるだろう。バート・レイノルズの『脱出』といいこれといい、鬱屈したアメリカン・ニュー・シネマは後をひく。
 午後、「Sunset Monsters」のヴォーカルを部分的に録音して送信し、夕方から斉藤くんと地元で呑む。『去年マリエンバートで』と『張込み』について話せる同級生は中々いない。

4月8日
 さすがに軽く二日酔い気味。疲れた胃に激辛の焼き鮭が染みる。

4月7日
 Fire TV Stickをセットしたので、朝からおふくろと「男はつらいよ」第一作を。ライヴの日だというのに泣いたり笑ったりしてから出かける。
 WWWで台風クラブと。石塚くん「今日はお洒落して来ました」とスニーカー穿き。エフェクター(ビッグ・マフ)をひとつ忘れて来たそうだが、さすがにいい演奏。カーネーションは松江くんが入った5人編成で。文句なしに楽しい一日。打ち上げはBYG。ビールをよく吞んだ。いろいろな話をできたように思う。音楽について。石塚くんが「パワー・コード感とメジャー7thのバンドは何ですか」と問うので「それはやはりNAZZではないか」と。聴きたくてうずうずするように身体を揺らして「明日さっそく買いに行きます」と言ってた。

2軒目の後、始発。仕事があるから帰るというベースの山本くんと山手線で品川まで行って「じゃ、また」と。

4月6日
「Future Song」ホーン入れ。ロベルトがアレンジ。いい感じ。高井戸のデニーズでハラくんとマネージャーと揃ってハンバーグを食べる。品川へ。

4月5日
 朝飯をよく食べた。大根おろし、納豆、卵、ローストビーフ、じゃがいもと何かの餃子。原稿終わらせて、歌入れ。送信。

4月4日
 午前中、アパートへ行き、その室外機の家のドアフォンを鳴らすが、誰もいない。
 夜19時にいくと部屋に電気がついていた。話を聴くと、どうやら誰が置いたのかわからないらしい。その連絡を受けてか、上の階から降りて来た男性が「もう一週間になるかなぁ。持って行っていいんじゃないすか?もしも誰かに聞かれたらゴミ屋が持ってったと言っておきますよ」という。では、ありがたくと。車に積み込もうとして持ち上げると、意外と軽い。なるほど、スピーカー・ユニットは無いようだ。とはいえ、英国の高級メーカー品である。ぼくにはユニットを組み込む余裕も仕事場に置く余地もない。オーディオの師匠である浅川さんに連絡をすると、タンノイのエンクロージャーを捨てるのは勿体ないし、ウチは小屋もあるし広いからクルマで来られるなら持って遊びにいらっしゃいと言ってくれる。

4月3日
 とあるアパートの道沿いの室外機の横にタンノイのスピーカーが4本置いてあった。かなり大きなものと中くらいのもの。どうみても捨ててあるようにしか見えないが、仕事へ行かねばなので、そのまま通り過ぎる。下北沢でアー写撮影。スピーカーは夜もそのままだった。好き者なら黙ってはいられない。明後日は雨になる予報もある。これは捨てられているのもなのかどうか。気になる。

4月2日
 矢部くんと優介くんと護王神社に行って、京一でカレー中華食べてそのままクルマで帰京。母親へのお土産に奈良漬けとまぐろの生姜煮を。

4月1日
 ビールもカールも手をつけずに寝てしまっていた。
 湖東はのどかだ。丘の上のホテルの周りはゲートボール場で年配の方が数人遊んでいる。田んぼが広がり、細い桜の木が真っすぐに寄り添って立っているだけで他にはこれといった風情が感じられない。パンフレットによると近くに名所の滝があるらしい。

 草津SAで食事。メンチカツ定食。ジャストに磔磔着。台風クラブとのツーマン。本番直前まで彼ら楽屋にいなくて、入り口でギター直してたりする。石塚くんとかサンダル履きだし。これは正真正銘のロック。カーネーション意識して作ってたところごあるとのことで「相棒」で参加することになってたけど、コード譜みせてもらったら転調と謎のコードとルート不在の完成されたアンサンブルゆえ、無理。「ロックンロールの曲にして」とお願いしてああなった。最高のライヴをできたと思う。矢部くんも今日良かったなぁ!と言ってた。打ち上げはジョーくんや安田さんとお喋りできた。台風クラブのみんなや優介くん、岡村詩野さんたちと大豊ラーメン。ホテルで一口水飲んで着替えたらそのままバタンキュー。
BGM : Neil Young『Live at Massey Hall』(磔磔にて)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

15

#エッセイ 記事まとめ

noteに投稿されたエッセイをまとめていきます。 photo by 横田裕市( https://note.mu/yokoichi )
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。