大学院看護師の日常⑨ 【大学院生の夏休み】

大学院生の夏休みの様子をご紹介します。

大学院においても学部同様の夏休み期間があります。東大の場合は7月末から9月末と約2か月間の充実した夏休み。といっても、学部生のように何の気兼ねもなく過ごせるかというとそうでもありません。


①夏季集中講座

夏休みという名の下の、通常授業があります。東大SPHの場合は、5日間のセミナーがありました。履修は自由ですが、人気講座でしたので殆どの生徒が参加していたようです。SPHだけでなく他学部も集中講義を開講しており、私は5日間のプログラミングの講義に参加していました。


②研究室行事

学部の時にも卒論配属で研究室に所属されていた方はいらっしゃるかもしれません。しかしながら、お客様である学部生と違い、院生は研究室の戦力の一員としてカウントされます。ですので、研究室で学会やイベントがあるとそのお手伝いに駆り出されます。私の所属している研究室でも5日間のセミナーが主催されましたので、そのお手伝いをさせて頂きました。ちなみにSPHはありませんが、看護系大学院ですと学部生の実習補助をすることもあり、週1,2回のペースで8時~17時と拘束されますのでけっこう大変です。バイト代は出ますが、コンビニの時給と変わらないというのが相場のようです。


③バイト

社会人を経て大学院に入ってきた者は、働かねばなりません。子供がいらっしゃる方もいるでしょうし、夏休みは稼ぎ時です。私もここぞとばかりに働いており、週末は夜勤バイト、平日3~4日はベンチャーと日本看護協会でいそいそとお金を稼いでおります。ただ、公衆衛生や看護に直結するバイトを選んでおりますので、むしろお金を貰いながら学びを深めているという感覚です。


④インターン

東大SPHではインターンがカリキュラムの一環に組み込まれており、希望者は夏休みの2週間を使ってインターンに参加します。行先は人それぞれで、シンクタンクである三菱総研、私のようにヘルスケア系ベンチャーであったり、製薬会社、国際機関と様々ですね。もっともチャレンジングなのが国際機関だと思われますが、この場合は2~3カ月とフルに使ってプロジェクト単位での参加となります。私もWHOのインターンに採用して頂けたので、この夏に一か月ほど参加する予定だったのですが、そのような短期でお客様として訪ねるよりは、数か月単位で自分のプロジェクトを達成した方が経験としても、キャリアとしても良いとオフィサーから助言を頂き、来冬へと持ち越すことにしました。


⑤論文執筆

「え?一年目なのにもう修論書いてるの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、大学院の研究は教員が持っているデータを使わせてもらい、その解析をするのがメインになります。自分で質問紙作って、配布して、回収して、となると修士2年間でこなすのはややハードになります。というわけで、データが手元にある以上は、研究計画を通せばあとは解析するのみ。リサーチクエスチョンは既に決まっておりましたので、私も優秀な先輩のご指導を頂いて研究計画を通して、現在解析のフェーズです。冬学期が始まると授業の課題で時間がとられてしまうので、何とか夏休み中には一本目の論文を仕上げたいと思っております。


⑥旅行

入学より駆け抜けてきたので、ちょっとガス欠です。避暑もかねて数日間北海道へ行ってきます。クラスメイトには北欧に行く方もいらっしゃるみたい。


⑦就活

修士は2年間しかありません。つまり、修士1年目が学部3年目に該当します。なので就活組は大変。入学したと思いきや、既にインターンをしながら、就職先を物色し始めるころです。私も、企業で働いている友人に連絡を取り、就活準備を始めました。といっても、自己分析やOB訪問といういかにもな就活をするわけではなく、私の場合は論文執筆、今のインターンをしっかりと頑張り、実績を出すことが何よりの就活対策になると思っているので、そこまでガッチガチにやるわけでもありません。


⑧他、課外活動

私の場合は、演劇であったり、大学院進学を目指す看護師の会(臨床の看護師さんが大学院進学をするお手伝いをしております)であったりしますでしょうか。授業期間中はなかなか人と会うことが難しいので、夏休みを利用して会いたい人に会ったり、Twitterでご連絡を頂いた看護師さんと面談をしたりしています。ちょうど今日はSPHの合格発表日でしたが、受験された看護師さんの受験指導も少しずつですが進めていました。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

Naoki Hirose

「未開拓な医療資源である看護の潜在可能性を引き出し、公衆衛生の課題を解決する」ことがミッション。東大→看護師→東大大学院。*執筆はブログ「これからはじまる看護という時代について」中心(https://homo-curans.com/)

大学院看護師の日常

臨床の看護師さんの「大学院ってどんなとこなの?」という疑問にお答えするために。大学院の選び方から、受験時のアポの取り方、お金や生活スタイル、卒後の進路まで幅広く。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。