スクリーンショット__144_

【ずっと勘違いしてませんか!?】スキーの『腰高ポジション』を正しく理解せよ!かっこいい滑りに必要な腰高ポジションのとり方と練習方法を公開!


皆さんこんにちは!
生涯全力スキーヤー ナオキです!


今回も非常に有益な情報を記事にしたのですが、1冊本の並のボリュームになってしまいました(笑)

半分近く無料で読めますし、無料部分だけでも有料級の情報が詰まっていますので、是非ご覧ください!



さて、突然ですが、
皆さんは「腰高」というスキー用語を聞いたことがありますか?

きっとプライズ検定を目指すクラスの方であれば、一度は聞いたことがあるかと思います。


これは、非常に恐ろしい用語です。

もし勘違いして覚えてしまうと、もうめちゃくちゃ混乱します!!

そこで今回は、この「腰高」というスキー用語の意味と、正しい腰高ポジションのとり方について解説していきたいと思います!


個人的には、スキー用語で最も紛らわしいと思っています。

そもそも、言葉が悪い!!
なんでこんな紛らわしい用語が生まれたのか!

僕は怒っています(◎>□<◎)


普段のレッスンでもこの言葉をちゃんと解説せずに、
「腰高のポジションをとれ!」というだけのアドバイスが普通にまかり通っています!

(最悪の場合、指導者がそもそも理解してなかったり勘違いをしていたり...)

おかげで僕自身、めちゃくちゃ悩みました...


指導者がこの言葉を使う場合には、
詳しく意味を説明しなければ「腰高」という用語を初めて聞く人は、間違いなく勘違いをしてしまいます!

言うまでもなく、教わる側も理解できないと、後々に大変なことになりますよ!!


ということで、

この機会に僕が「これでもか!」ってくらい
きっちり説明しますので、

間違ったことを覚えて取り返しがつかなくなる前に習得してしまいましょう!


~目次~

第1章 『腰高=腰の高さ』じゃない!!?
第2章 腰高とは、どこからどこまでの高さのこと?
第3章 そもそもなぜ腰高の姿勢が良いの?
第4章 ターン前半の腰高ポジションのとり方
第5章 腰高ポジションを身につけるトレーニング
最終章 腰高ポジションのまとめ



ここで、「いきなり出てきたけど、ナオキって誰やねん!?」

という方のために、少しだけ僕について紹介します!

====================

▼ナオキのプロフィール

画像1

一応簡単に自己紹介しますと、
小学校2年でスキーをはじめ、そこから年に数回家族旅行で行く程度だったが、大学でスキーサークルへ入り、全力で検定合格を目指してスキーをするようになる。

基礎スキーを始めて3シーズン目でテクニカルに合格し、その後は今でも上達を目指して日々奮闘中。

現在、【職業・スキーヤーナオキ】として
自由に、そして全力でスキーをしながら生きることを夢にネットで活動しています!


▼メディア紹介

HP 俺の人生…スキーしかねぇ!!
Twitter @naokiski2018
Instagram @naokiski2019
Facebook 社会人スキーヤー ナオキ

お気軽にフォローして下さいね!^^


▼実績

テクニカルプライズ所持
スキー指導歴6年

テクニカル合格   10名
1級合格     15名
2級合格     多数(30名以上)


▼メルマガ配信中!

現在メルマガ登録者限定で、
『プライズ挑戦者へ贈るQ&A 16選』
を無料配布中!

画像2

メルマガ登録は、こちらの画像をクリックし、
ページに飛んでご登録下さい!

画像3

このページの最後に、僕からの熱いメッセージを掲載しました!
今回にメルマガ登録を見送ろうと思った方も、このメッセージだけでも見てくれると嬉しいです ^^

====================



第1章 『腰高=腰の高さ』じゃない!!?

もういきなり意味分かりませんよね~笑

腰高って言ってるのに、腰の高さじゃない!?
いやいや、腰の高さだから腰高じゃん!!
(そりゃそうなるよな...)
だから嫌いなんだよなぁー
この単語...

正確には、
ここで否定してる「腰の高さ」というのは、

【雪面からの!!】

腰の高さのことなんです。

「腰高は雪面からの腰の高さじゃない」

...ん?
つまり、どーゆーこと?

では、「腰高」っていうのは、
どこの高さのことを言っているのでしょうか?

その答えは、、

次で実際の滑りの画像を使って説明しましょう!


第2章 腰高とは、どこからどこまでの高さのこと?

ここでは、腰高の解説のために、
実際の滑りの画像を使って説明します!

使用するのはこの画像!

画像4

この画像は腰高の姿勢を説明するために持ってきましたが、
地面からと腰の距離は全然ありません!

では、
どこからどこまでの高さのことを言うのか?

お待たせしました!
答えは、コチラ!

腰高とは...
ブーツから腰までの高さが高い状態のことをいう。骨盤を起こし、ダイレクトに遠心力を雪面に伝えられるポジションになる。

こんな答えを聞いてもまだ、

「なるほど!!そうだったのか!」

とはならないと思います(-᷅_-᷄๑)


では、これならどうでしょう?

画像5

この二つの矢印の違いは一目瞭然ですね!

「ブーツ〜腰」の↙(赤)
「地面〜腰」の↓(青)

それぞれの長さ(高さ)を表してみましたが…


これらのややこしいところは、

どちらも「腰の高さ」と言えてしまうこと

なんですよね(笑)


例えば、ベンディング動作で下から見て腰の高さが変わらないように!
っていう腰の高さは「地面〜腰」の↓(青)の方ですよね。

しかし、ターン前半には腰を高い位置にセットして~
っていう腰の高さは「ブーツ〜腰」の↙(赤)の方になりますね。


ここで混乱してしまう人が非常に多いんですよね!

何を隠そう、
僕がその張本人でしたから!笑

下から見て腰の高さは常に変えないようにして、
かつターンに入る時は腰を高い位置にセットして…

ってこれもう、カオスですよねw

ここまで説明した腰の高さについて、二つの高さの矢印を正しく判別できないと、僕のように1シーズン中悩みに悩んでようやく理解して挙げ句の果てに、

うわ...
俺、ずっと勘違いしてたんかよ...(唖然)

みたいなことになります…


【結論】

腰高ポジションとは...
 「雪面~腰」の高さのことではなく、
 「ブーツ~腰」の高さ(距離)のこと!


第3章 そもそもなぜ腰高の姿勢が良いの?

僕もひとまず「腰高」を頭では理解できたのですが、いざ実践してみようと思っても、どこをどうする意識で実践すれば良いのか、サッパリ分かりませんでした。

そんな時に僕があらゆる教材で学んだことや、実際に取り組んできた腰高のトレーニング方法を紹介していきたいと思います!


最近、なぜあらゆるメディアで腰高をここまで推しているかと言うと、もちろん腰高のメリットがあるからですよね!

そのメリットとは、コチラの3つです!

●体軸の傾きを利用できる!
●身体が長く見え、シルエットが良くなる!
●無駄な力を使わずに滑れる!

では、それぞれ少しだけ補足説明をしておきます!


体軸の傾きを利用できる!

脚部から頭部まで体軸が真っ直ぐになり、安定するので、雪面にダイレクトに強い力を伝えることができます。

そしてそうすることで、
ターン前半から推進力を引き出すことができます。

さらにハイスピードの中で角付けをコントロールしていくには、足元の動き以上に遠心力に耐えられる体軸の傾きが必要になります。

まとめると、体軸の傾きを利用するために腰高のポジションが理想的なわけです。


身体が長く見え、シルエットが良くなる!

体軸を長くとることで身体が長く見せられることは、もはや説明不要かと思います。

ターンの導入時に腰の位置が低いと、スキーの真ん中よりも重心が後ろになってしまい、スキーの操作が難しくなります。

そのためターンの導入で腰高のポジションを作ることで、スキーの操作性を向上させることができます。


無駄な力を使わずに滑れる!

ターン前半に腰が低いポジションだと、外力に耐えることができないので、脚部の筋力に頼って耐えるしかなくなってしまいます。

楽に滑るためにも腰高のポジションが必要になります。

少し滑っただけで疲れてしまうという人は、ひょっとしたら骨盤の使い方を改善すれば一気に楽になるかもしれませんね♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪


第4章 ターン前半の腰高ポジションのとり方

この続きをみるには

この続き:1,634文字/画像1枚

【ずっと勘違いしてませんか!?】スキーの『腰高ポジション』を正しく理解せよ!かっこいい滑りに必要な腰高ポジションのとり方と練習方法を公開!

ナオキ@プライズの壁をぶっ壊せ!

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪
2

ナオキ@プライズの壁をぶっ壊せ!

夢は【職業・スキーヤーナオキ】として生きること!そのためにネットで活動中の熱血スキーヤーです! 『プライズ挑戦者へ贈るQ&A 16選』を配布中!メルマガはコチラ▶︎https://bit.ly/32RffB7 HPもあります▶https://naokiski2109.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。