スクリーンショット__138_

【スキー教程に載らない話】プライズ検定に合格する『ターンの質』を徹底解説!合格のための基礎技術を徹底的に詰め込んだ渾身の一本!

こんにちは!
生涯全力スキーヤーのナオキです!

今回はプライズ検定の壁を突破するために非常に重要なターンの基礎についてお話しします。

2シーズンで諦めムードだったチームからテクニカル合格者10人を輩出した、僕のノウハウの土台となる『テクニカル合格のためのターンの質アップ講座』を公開することにしました!

テクニカルでは、求められるターンの質はこれまでの級別バッジテストとは比べ物にならないくらい段違いにアップしています。
でも、だからこそ多くのスキーヤーが憧れ、合格できるとかっこいいんですよね!

ここでは、普段のレッスンでは時間の制限もあってなかなか語られることがない、プライズ検定に求められるターンの質と、そのターンを実現するための意識と方法について、これでもか!というくらい詳しく、そして分かりやすく解説しました!


僕も何年もスキーの勉強をしてきて、
このスクールのレッスン一回にも到底満たない価格で、ここまでの情報が載ったコンテンツは正直見たことがないです!

この知識を持っていることでシーズンの成長が全然違います!
購入してくださった方へは損をさせないよう全力で作成しました!
(なので本音は、こんな安い価格で出したくないんですが笑)

購入してリフトで練習前に見るのもよし、プリントアウトしてチームみんなで見るのもよし、一人でこっそりトレーニングしてライバルを出し抜くもよし!
それができるくらいの情報を簡潔に詰め込んだ、
まさしく永久保存版です!^^

〜目次〜

第1章 1級とテクニカルの本質的な違い
第2章 ターンの質向上~谷回り編~
第3章 ターンの質向上~山回り編~
第4章 合格のためのマインドセット



ここで、少しだけ僕について紹介します!
「早く内容が見たい」と言う方は飛ばして下さい(笑)

====================

▼ナオキのプロフィール

画像1


一応簡単に自己紹介しますと、
小学校2年でスキーをはじめ、そこから年に数回家族旅行で行く程度だったが、大学でスキーサークルへ入り、全力で検定合格を目指してスキーをするようになる。

基礎スキーを始めて3シーズン目でテクニカルに合格し、その後は今でも上達を目指して日々奮闘中。

現在、【職業・スキーヤーNAOKI】として
自由に、そして全力でスキーをしながら生きることを夢にネットで活動しています!


▼メディア紹介

HP 俺の人生…スキーしかねぇ!!
Twitter @naokiski2018
Instagram @naokiski2019
Facebook 社会人スキーヤー ナオキ

お気軽にフォローして下さいね!^^


▼実績

テクニカルプライズ所持
スキー指導歴6年

テクニカル合格   10名
1級合格     15名
2級合格     多数(30名以上)


▼メルマガ配信中!

現在メルマガ登録者限定で、
『プライズ挑戦者へ贈るQ&A 16選』
を無料配布中!

画像2


メルマガ登録は、こちらの画像をクリックし、
ページに飛んでご登録下さい!

画像3

このページの最後に、僕からの熱いメッセージを掲載しました!
今回にメルマガ登録を見送ろうと思った方も、このメッセージだけでも見てくれると嬉しいです ^^

====================


〜目次〜

第1章 1級とテクニカルの本質的な違い
第2章 ターンの質向上~谷回り編~
第3章 ターンの質向上~山回り編~
第4章 合格のためのマインドセット


第1章 1級とテクニカルの違い

では、まずは1級とテクニカルの違いですが、

テクニカルは、合格率が全国平均で10%前後という非常に狭き門です。もちろん全てのレベルが段違いで、細かく見れば違いは無数にあります。

僕が一級からテクニカルにレベルアップするために研究してきた、

「まずはここを理解しておくべき!」

という2大ポイントご紹介したいと思います!

僕が考える本質的な違いは、
この二つです!

①ターンスピード
②コンディション適応力


①ターンスピード

まずは、何と言ってもターンスピードですね!

いきなりですが、スキーのターンで減速要素となるものは何でしょうか?

答えは、『ズレ』です!

板をずらしながらターンをするということは、いわばブレーキをかけながらターンをしている状態なんです。

画像4

これだけ見ると、ドリフトしてるみたいですね(笑)

でもよく考えてみてください!
F1の車がカーブでドリフトしてる時って減速してませんか?

スキーでの「板をズラす」というのは、これと全く同じ原理で、進みたい→の方向と板の向きが違うことによって生じる摩擦がスピードを殺してしまっているのです!

1級までの級別バッジテストでは、
この『ズレ』を上手く使い、丁寧にコントロールした滑りが求められてきました。

しかし、プライズ検定になると一転、どんどんスピードアップしていくような積極的で攻撃的な滑りが求められてきます。

実践的な言い方をすると、
テクニカル以上に求められる滑りとは、

ズレが少なく、スピードのある滑り


スキーでは、ターンの構成要素として、ポジション・エッジング・荷重のタイミングなど、人によって認識は違いますが、非常に多くの要素があります。

それらのまとめて“ターンの質”と呼んだりしますが、プライズ検定で要求されるターンの質は段違いに上がります。

そしてそのターンの質を上げるためにもう一つの鍵となるのは、
『重心移動』です!

1級とテクニカルの大きな違いは、
「重心移動の量」と言っても過言ではないと思います!

極端な話、1級ではそこまで大きく重心移動をしなくても、良いポジションをキープし、適切に上下動を利用した演技ができれば合格できますが、そうはいかないのがプライズ検定です。

積極的に重心移動をして、ターンの局面に応じて荷重点を移動させていく必要があります。そしてそれがターンスピードにつながるのですが、この意識や方法については、後程お話ししましょう!


②コンディション適応力

難しい言い方をしていますが、
要は“その日のバーン状況に合った滑りができているかどうか?”
というところを見られているのです。

例えば最高のバーン状況の中、非常に気持ちよく滑れて自分の中で正解と感じたポジションが見つかったとします。しかし残念ながら本番で合格点が出ない人の多くは、そのポジションでずっと滑ってしまうのです。

それの何が問題かと言うと、、
実際の検定バーンの状況は日によっても、時間によっても変化していくからです!ですので、その時の雪の状況に合わせてポジションやエッジングを合わせにいくことが求められます。

板が埋もれそうな雪が溜まったバーンで前傾が強過ぎたり、アイスバーンでエッジを立て過ぎていたりと、このように検定バーンに適していない滑りをしてしまうと、厳しい評価が下されてしまいます。

1級でもそこを見ていないわけではないのですが、ここでプライズ検定ほど大きな差が出るレベルの厳しい基準ではないことや、受験するスキー学校によっては、バーン状況が悪い時には多少考慮してもらえるような話も聞いたことがありました。


これについて、このnoteを見て下さっている人へせっかくなので、
僕から5つの鉄則を授けます!

・急な方向転換はしない!(自転車のターンをイメージせよ!)
・自分から強くエッジを立てない!
・バーンが悪い時は8割くらいの力で滑るつもりで!
・マズいと思ったら横滑りでポジション確認!
・毎日、その日のバーンに最適な滑りを目指せ!

全部あげると一生続くので、
ひとまずこの5つを黄金律としましょう!笑



では次章より、
‟ターンの質”の核心に迫っていきたいと思います!

ここからは他の教材には載っておらず、どの教材も参考にしていない完全オリジナルの解説になります!

僕はこの本質をひたすら極めようと練習してきた結果、3度目の受験で合格という望む結果を手に入れました!

この内容を試すか、試さないかはあなた次第ですが、信じて読んでいただける方には、新たな滑りのアイデアの引き出しが増えることは本気で保証します!


この続きをみるには

この続き:3,023文字/画像6枚

【スキー教程に載らない話】プライズ検定に合格する『ターンの質』を徹底解説!合格のための基礎技術を徹底的に詰め込んだ渾身の一本!

ナオキ@プライズの壁をぶっ壊せ!

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪
1

ナオキ@プライズの壁をぶっ壊せ!

夢は【職業・スキーヤーナオキ】として生きること!そのためにネットで活動中の熱血スキーヤーです! 『プライズ挑戦者へ贈るQ&A 16選』を配布中!メルマガはコチラ▶︎https://bit.ly/32RffB7 HPもあります▶https://naokiski2109.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。