見出し画像

08/08 バンコク到着!

現在バンコクのドンムアン空港のマクドナルドで初めての投稿を書いている。時刻は午前4時半。
今回私はworkawayを利用してタイのパンガン島という離島に約二週間滞在する予定である。

Workaway とは、労働力を必要とするホストと海外で働きたいや暮らしたいなどの思いを持つゲストをマッチングさせるサービスである。(ちなみに宿代とご飯は提供してくれる。※要確認)

現地での生活の備忘録として、また自分が感じたことを整理するためにnoteを始めようと思った。

去年の夏もタイを訪れたので、二度目になる。
前回はバンコクを観光し、リペ島という小さい島に行った。カバー写真はそこで取った写真だ。

人懐っこい放し飼いの犬(島内に沢山いる)

さて本題はこの旅に至る経緯と目的だ。

経緯としては大学が夏休みで時間があったから安く海外に行きたかった。現地の人たちと暮らす中で英語に慣れたいと思ったからだ。タイの離島を選んだ理由は、リペ島に行って感じた人の暖かさ、豊かな自然、緩やかな時間の流れなどにもう一度、また長い間触れたいと思ったから。やはり日本にいると学校やバイトに忙殺され、周りの人間関係にも不満は無いが少し疲れることもあったり、手探りの状態で動いてるんだが本当は何がしたいんだっけ?という状態になってた。だから時間をとってリラックスして頭を整理できたらなと思っている。

目的は頭を整理することがまず第一。そんな中で自分の価値の置き所や抽象的な信念のようなものを、初対面の人と暮らしてくことで、解像度を高めはっきりとさせたい。
英語も頭をフル回転させて、聞くだけでなく自分の考えも話せたらいいなと思う。日本人特有のシャイな人見知りを発動しないよう、積極的にコミュニケーションをとりたい。

二週間で何が変わるのかってゆう自分もいるけど、
何か変えたいとか発見したいってゆう自分もいるけどど、帰る頃には来て良かったなってなるだろう。ちょっとでもナーバスになったり、悪い方悪い方へと考えを巡らせるとダメなんだと思う。勢いとフィーリングを大切に楽しもうと思う。

まだフライトまで時間あるからベンチ探して寝ときます。これでフライト逃すとかゆうのが一番最悪のパターン。(それは無いとか思いつつ、やってしまいかねないのが自分)

#備忘録 #タイ #パンガン島 #リペ島
#バックパック #workaway

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

N

日常を生きる中で考えたこと、感じたこと

タイの備忘録 (2019夏)

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。