見出し画像

不倫相手に慰謝料請求をするよりも、破壊力のあるもの

こんにちは。

カウンセラーのNAOKO(松宮直子)です。

今日は、少し怖~い内容の記事かもしれません^^;

なぜなら、ご相談者さまとカウンセリングをしていく中で、最終的にこれから書くことにたどり着き、一緒に

「怖~い!でも、やりた~い!ふふふっ・・( ̄ー ̄)ニヤリ」

となったからです。

夫が不倫を止めて、戻ってきた。

反省も後悔もしている。

ただ、不倫相手への怒りや憎しみが膨らんで、「さぁ~これからどうしてくれようか?!」と考えたとき。

「慰謝料請求をする」

というのも一つの手段です。

ただ、問題は・・

不倫相手がそこそこ稼いでいる人であれば、慰謝料請求をしたとしても多少の打撃はあるものの、あっさり払って終わりになることもあります。

”慰謝料としてある程度まとまった額を支払う”

ということに関して、打撃が少ない方もいるのです。

不倫相手がお金があまりない人、お金に対する執着が強い人であれば、まとまった額の支払いはかなりのダメージを受けるでしょう。

正直、不倫をされた側としては、

「不倫相手にいかにして痛い思いをさせて、どれだけこちらが精神的苦痛を被ったか」

を訴えることが”目的”ですよね。

お金というよりも、こちらの目的の方が多いと思います。

土足で人の家庭を荒らして、平気で人を傷つけているわけですからね。

中には心療内科に通うほど精神的に参ってしまうことも多いわけです。

自分が受けた苦痛の何倍も相手に返してやりたい!

と思うのが普通でしょう。

「いえいえ・・私は不倫相手と同じ土俵には上がりたくない」

と思う方もいるでしょう。

本当に心からそう思えているのであれば、それでいいと思うのです。

ただ、多くは「これだけ精神的に追い詰めて、それを相手にも同じようにわからせたい!」と思う方が大半です。

そう思ったのであれば、やはり自分なりにその想いを「昇華させる」ために、何らかの対処はした方がいいでしょう。

自分の中で「やれるだけのことをやった」という想いが、今後の人生を支えてくれることにもなるからです。


では、どうすることが”不倫相手に対する最大の制裁”になるのでしょうか。

この続きをみるには

この続き:3,560文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンは、夫の不倫後~関連のテーマ記事が11記事パックになっています。単発記事を全部購読するよりも、断然お得なパックになります。

このマガジンは、夫の不倫後~関連記事をまとめて購読できます。 夫の不倫は終わっても、すぐに心が回復するわけではありません。 様々なワー...

または、記事単体で購入する

不倫相手に慰謝料請求をするよりも、破壊力のあるもの

カウンセラーNAOKO(松宮直子)

800円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!
41
不倫問題専門カウンセラーのNAOKO(松宮直子)です。 相談件数3000件以上の実績から「夫の不倫で傷ついた妻の心を回復させるための記事」や「夫の不倫が渦中の方向けの対処法」などを掲載していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。