[hey] heyがキットカットを配る理由

hey!

ご存知の方もいるかもしれませんが、この3週間くらいでオリジナルのキットカットを作って200人近くにお送りしました。なんでheyが事業と直接関係ないキットカットを配ってるんだよって思ってる方もいるかもしれないので、どんな考えが背景にあるのかまとめてみました。

なんでそんなことを

2018年5月31日、最終出社日だったオリタケイさんが社内にプレゼントとして自らのオリジナルイラストでつくったキットカットを社内プレゼントしてくれました。

かわいい。どう考えてもかわいい。これはかわいい。そう思って、TwitterやInstagramに上げたら、たくさんのふぁぼ。

これは、もっとたくさん作って、社内にも配りたい。そう思って、本人に聞いてみたところ、イラストをそのまま使わせてくれることになりました!なので、大量に発注。ただ、ソーシャルを眺めると、とにかく、キットカットほしい!って言ってくれている人の多さに目がいきました。雰囲気こんな感じ。

このときに確信したのは、heyをいいねと思ってくれている人もいる一方で、とにかくオリタケイファンがめちゃくちゃたくさんいるということです。heyはライジングセラーに向けてサービスをつくっていますが、彼女自身がまさにライジングセラー。そして、ライジングセラーの特徴の1つであるコミュニティ濃度が高い、ということをまざまざと感じました。

そんなコミュニティに直接触れてもっともっと感じてみたい。学びたい。そう思って、半ば思いつきで、抽選で10名にプレゼントするよというキャンペーンをはじめました。この段階で関わっているのも意思決定しているのも私1人です。(結果的にいろいろ手伝ってくれた社内のチーム本当にありがとう!)

このとき思っていたのは、数十人くらい申し込んでくれればいいなということです。だから10人に100個くらい届けるくらいでちょうどいいかなと。でも、1週間たって、ふたをあけてみると、200人近い方が申し込んでくれました。

また、お申込みいただいた人数以上に印象的だったのは、申込時に一言あれば何かどーぞと、これまた思いつきでつけたオプションの記入欄への記入率が9割を超えており、そこにはheyへのメッセージやオリタケイさんへのメッセージがたくさん書かれていました。本当にたくさん。一部抜粋。

この想いはちゃんと受け止めてお返しをせねばと、方針転換して当選した10名に加えて、(住所がキチンと入っていた)全員にこのキットカットを届けることにしました。とにかく喜んでもらいたいなと。

これはよく考えるとライジングセラーの特徴の1つである「目の前の売上よりもエンゲージメントを大事にする」ことそのものかもしれないとか、あとから理屈っぽく思ったりもしましたが、やってる本人としては楽しいからやってるわけで、Just For Funというまさに楽しみ駆動!

こんな感じで大量にキットカットを梱包し、たくさんの方に送った結果、昨日あたりからたくさん届き始めて、私のタイムラインは愛に溢れた感じになっています。

なぜやるのか

heyは、自分たちのお客さんであるライジングセラーがもっている行動様式や新しい習慣をそのまま取り入れて動くことを意識しており、今回の件もその延長線上でのことでした。あと、個人的にもっともっとライジングセラーの近くで学びを深めたいのもありました。これが大きな理由。

じゃあ、ライジングセラーってどんな人っていうのは下記でにまとまっているかなと。

最近、「heyいいね。」と言っていただくことがちょっとずつ増えてきていますが、それはまさにお客さんと同じように、自分たち自身もライジングセラーであろうという意識に由来するのではないかと思っていて、それはかっこいいサイトをつくろうとか、会社のグッズをたくさんつくろう、とか点にあるアクションではなく、すべてが組織の習慣レベルで線でつながっていることこそが大事だと考えています。

一方でこういうことは、一朝一夕で短期的に出来上がるものではなく、もっとじっくりと、きちんと、丁寧に、コトコト煮込んでいかないといけないし、そこに間違って入れてはいけないものを一滴でも入れた日には一気に台無しになるわけで、お客さんに徹底的に向き合っていくheyらしい文化(というか、もともとSTORESもCoineyももっていたもの)をさらに丁寧に作っていけたらいいなと思います。

Just For Fun!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

85

naoko

hey days

heyでの日々をつらつらと。
6つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。