[hey] STORE Visitをはじめました

hey!

前回書いた子育て支援プログラムの「Fun for Kids」にたくさんのコメントいただき、ありがとうございます。社内から、「親にも共有しました」「家族に話したら感激していました。」という声や、共有いただいた家族から「heyで働くことをもっと応援したくなりました。」という声があがったり、とてもうれしく思います。

さて、今日は今月はじめた「STORE Visit」というもう1つのプログラムを紹介します。概要は、下記の通りですが、ざっくりいうと、毎月CoineyとSTORES.jpのストアで5,000円分なんでも自由に使えますよというものです。

STORE Visit
・Coiney / STORES.jpの全ストアが対象 (ただし、同ストアは累計1回まで)
・毎月5,000円が利用可能
・利用金額分をフォームで申請  (#hey_storevisit に自動ポスト)

これは、9/28(金)にheyで行ったオフサイトで、お題に対していろいろチーム毎に考えて発表してもらうというものがあったのですが、そこで出た案の1つでした。

もっとストアさんの最初の売上を自分たちが使うことで立てにいったり、使われている場面そのものを自分たちで体験したりすることを通して、もっともっとストアさんのことを知って、学んで、日常に活かしていきたいと。

そして、その場でやろうと宣言し、早速翌週の経営会議で詳細確定して、早速1週間後の10/4(金)からSTORE Visitはスタートしました。ちなみに補足すると、コイニーもストアーズのみなさんもお客さんのことがが大好きで、ストアーズチームはしょっちゅうストアさんから商品を買っていて、それを情報として共有する文化があり、コイニーはコイニーでお店で買い物したり、貸し切ってご飯したり、という文化は前提としてありました。

現在、2週間弱経って、すでにこれを始めてよかったなと思っているのは、ストアの感想も含めて、どんどんSlackに流れてくるところです。例えばこんな感じ。

Coineyのストアへ行ったり。

STORES.jpのストアでお買い物したり。

ストアオープン時に最初の購入者になったり。

社内交流が生まれていたり。

施策というのは、作るのは大して難しくないものも多いです。ただ、使われなくては意味もありません。使われないものを放置していくと、維持するための管理コストは年々高くなる一方。そういう意味で、最近何かをはじめるときは、その利用率に対する撤退ラインも併せて内部で決めた上で、スタートしています。

このSTORE Visitに関しては、初速2週間とてもいい感じに使われているので、このままドンドンみんな使っていってくれるといいなと思います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

12

naoko

heyとCoineyをやっています。ライジングセラーの方々に必要なサービスをどんどん出していきたいです。

hey days

heyでの日々をつらつらと。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。