見出し画像

3ヶ月の赤ちゃんとお店の両立

お店「HITOTEMA」は、息子が3ヶ月の時にオープンしてしまいました。

施工途中のチェックも、お店の営業中も、抱っこひもでいつも3kg足らずの彼と一緒でした。

運良く、3ヶ月の赤ちゃんというのは、3時間おきに起きたり寝たりするので、今のように、9時には寝かさないと、、、というのをは違い、“ちょっと重い動くぬいぐるみ”くらいに考え方をシフトしておくと、

抱っこひもの肩の重さに耐えさえすれば何とかなったのでした。

まわりのお母さん方からは、お叱りを受けそうなので、控えめにお伝えしないとですが。

開店当初にお越しになられたお客様は、赤ちゃんを抱っこしながらお店をやっている姿を目にされていて、今もときどき、そのお話しをされます。

(良い想い出になったかな)


やると決めた場合には、まわりに流されずに、考え方をポジティブにキープするテクニックが大切になってくるもんだな、と実感した時期でした。正直、かなり腰が痛かったです!

(考え方をポジティブにキープするテクニック=自己本位を社会的役割に置き換えて解釈する)

タイトルの写真は、HITOTEMAのカウンターとちびすけです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

やったーやったー
21

Naoko Tanijiri

料理家 / ファッションのスタイリスト、ブランドのプロデュースを経て、 食の仕事を軸に活動を開始。 現在は渋谷富ヶ谷にある「ヒトテマ」という予約制レストランを主宰運営し、 レストラン業と、食や器に関わるプロジェクトを行っている。

#育児 記事まとめ

妊娠から出産、子育て、教育についてなど、noteに投稿された育児系の記事をまとめていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。