外国の方との話のネタ

私はグループでの会食時の沈黙が苦手だ。

だから外国の方とはじめましてで話す内容は、あらかじめ頭で想像しておくようにしている。
そうしたらいつのまにかそれが板についてきた。w

初心者の場合は特に何を話題にするかを想像しておくことをお勧めしたい。

例えば、

どのくらいその地に、またはその会社に身を置いてるのか。
好きなお店はどこか。

日本へはよく来る?
好きな食べ物は?

朝は朝食をとる派?などなど

日本人も外国人も基本は同じで、その人に興味を持って、質問をすること。

私はなぜか、大人数でシーンとしているのが苦手で、つい話しかけてしまう。
主人はこういう時、任せっきりみたいな雰囲気で、何も話題を持ちかけない事も多くて、それについて時々私が文句を言う w

今回の手土産は、手前味噌だけど私の書いた本、“HITOTEMA のひとてま”と、京都は井六園の、薫香のとても強いほうじ茶。
本はバイリンガルだから興味深く読んでくれて喜んでくれた。(さり気なく宣伝 ww)


本当は福光屋さんの酒粕レーズンウィッチも持って来たかったんだけれど、前日の私はヒトテマの仕事と4歳の息子と付き合うことにエネルギーを割いていた為、そこまでは及ばなかった。

いずれにせよ、特徴がしっかりしたものを選んでしまう。
その方が喜んでもらえ、記憶に残りがちだから。
ただ、本来はメッセージカードが一番大切なんだよな。
今回はそれも忘れちゃった。
でも、ギフトは話の糸口をつかまえるのに最適な方法なのは間違いない。


招いてくださったホストさんにも、私たちを呼んで頂いたからには、短いながらもご一緒したその時間を楽しんでもらいたいと言う想いがある。

そんな時、食のこと、金継ぎのこと、家族の暮らし方なんかの異文化の事、子を持つ母や、仕事を持つ女性としての人間同士の共感や、 これからの夢を語ったりなんかのエキサイティングなトピックで包めたら最高だ、と思っている。



ちなみに逆に、しない様にしている質問は、
“do you have kids?”
“Are you married ?”
です。

デリケートな問題だし、丁度それに苦しんでいたりするかも知れないからね。
(私も前に苦しんでいた時があったから。そんな事聞かなくてもいいのになと感じたことが沢山あった)

その代わり、“do you live yourself?”と聞きます。それで、分かりますから… : )

当たり前のことばかりかもしれないけれど、誰かの参考になったら嬉しいな。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

やったーやったー
31

Naoko Tanijiri

料理家 / ファッションのスタイリスト、ブランドのプロデュースを経て、 食の仕事を軸に活動を開始。 現在は渋谷富ヶ谷にある「ヒトテマ」という予約制レストランを主宰運営し、 レストラン業と、食や器に関わるプロジェクトを行っている。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。