誰もしないWADA語りを嫁がしてみんとてするなり。

はじめまして。
果たしてここを覗いてくれている方々に
はじめましての方なんているんだろうか?
覗いてくれてる人なんているんだろうか?
でも、まぁ。はじめまして。naoといいます。

DJ WADAという、東京を拠点に
DJや楽曲制作なんかの活動をしている
しがないアーティストの嫁をしています。
“しがない”なんて言うと
怒る方もほんの少しいるかもしれない程度に
しがなくない過去もあるのですが、
現状、客観的にいえば “しがない” です。

そうは言いつつも、個人的には
ホントは今も全然 “しがない” なんて
思っていないので、
どこかでDJ WADAの素晴らしさを
私目線で正直に語れたらと思い、
試しにnoteにしたためてみることにしました。

まぁ、お惚気日記みたいなもんです。

私は本来、お惚気なんて
そんなこっぱずかしいことやれるかよ!
な感じの性格で、
自分的には尊敬するアーティストのあれこれを
勝手に語るようなオタク的なノリなのですが、
(もともとただのファンだったし)
嫁になっちゃった以上、
「ね?ウチの旦那様素敵でしょ?」
なんて言ってるのと変わらないので、
もう、お惚気でもなんでもいいです。
恥ずかしいですが。笑

お会いする方々に“仏?”とか言われちゃうほど
(彼、まだ生きてるよ?)
温厚で多くを語らないそんな旦那さんの手前、
その妻たるに相応しいふるまいを…と、
私も旦那さんのことを語るのは
なるべく控えていましたが、
もう、いいよね?
そろそろ被ってた猫、脱いでも。

そういうわけで、ここで表現されることは
あくまで〈私目線〉です。
旦那さんの意向と反することも
多々あると思います。

あと、すごく飽き性で気分屋ですので
いつまで続くかわかりません。
いきなり次の投稿が
ままならないかもしれないし、
(寄稿とかしてくれて一緒に語ってくれる人、
いないかしら?なんつって。)
急激に恥ずかしくなって
削除しちゃうかもしれない程度の
情緒の不安定さも持ち合わせています。笑

そういういい加減な感じの私ですので、
たまに気が向いたら、
いい加減な私のお惚気に
いい加減に対するような、
ゆる〜い感じで
お付き合いいただければ幸いです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Naomi Wada

WADA語り

DJ WADAを勝手にあれこれ語ります。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。