#13 先が見えないこれからの時代、ヨガは社会の救いとなるか?

これから先の日本で生きていくには不安が多いと思います。
僕はそんな社会であるからこそ、ヨガをすることで幸せになる人が多くなると思っています。

これから先に起こる可能性が高いことを少し考えても、不安要素はたくさんあげられます。

1.少子高齢化
ー年金の受給額が減る
ー一人当たりの税金負担額が上がっていく

2.AIなどによる業務効率化
ー定型業務はなくなる可能性が高い
ービジネスモデルが変わり、既存ビジネスが崩壊する

3.終身雇用の崩壊
ー大企業に入社しても安心できない
ー常にスキルを身に着ける必要あり

などなど。

税金の負担額は上がっていく一方で、先々自分の仕事があるかも分からないような状況なので、不安になることは仕方がないかもしれません。

今、日本社会全体が不安に包まれており、ものすごく息苦しく生きている人が多いように感じます。

そんな時代であるからこそ、「ヨガ」を通じて得られる価値観であったり、つながりによって、生きることが楽になる人が多いと考えています。

1.これからの時代は「絶対評価の幸せ」と「つながり」が大事になる

これからの時代は、「絶対評価の幸せ」「つながり」が大事になると考えています。

絶対評価の幸せとは?

「絶対評価の幸せ」とは、周りと比べず、自分が思う幸せな人生を歩むことです。

一昔前の一般的な幸せ像は、現代における幸せとあまりマッチしなくなってきました。

大企業に勤めて、その中で出世し、年収1000万円稼ぎ、いい家、いい車を買って、子供を私立の学校に入れる、というような価値観ですね。

そもそも、このような人生を歩める人が極一部の人ですし、年収1000万円を稼いでも、大部分が税金で持っていかれるため、そんなに贅沢はできないからです。

また、大企業に勤めても、いつ会社がなくなったり、クビになったりするか分かりませんし、大企業の好待遇にしがみつき続けて自分の市場価値が下がったり、メンタルがやられるリスクもあります。

所謂「エリートコース」を歩んでも、人と比較して相対的に優れていると感じることで幸せを得ようとする限り、競争し続けることになりますので、苦しみの中を生きることになります。

けれども、自分が何をすることで楽しく感じるのか、を分かっていれば、それほどコストなく、幸せを感じることができます。

ヨガをしていると、毎日ヨガ(好きなこと)をして、ごはんを食べて、友と話して、しっかり眠れば幸せであることに気づくことができます。

そうすることで、世間で言われているような幸せ像に心が囚われ、自分と比較しネガティブな思考になったり、無理やり自分を奮い立たせてやりたくないことを続けたりなど、苦しみの中を生きることが少なくなります。

「つながり」が大事とは?

「つながり」が最大のリスクヘッジになるのでは、と考えています。

リスクヘッジという言葉はあまり好きではありませんが。

どれだけ身を粉にして働いても、会社が人生を守ってくれる時代ではありません。

また、人とのつながりをないがしろにして、自分ばかりが得しようとしても、いざというときに助けてくれる人は周りからいなくなっていきます。

ここでいう「つながり」とは、めちゃくちゃ友達を増やすとか、人と仲良くなれ、という訳ではありません。

利害関係なくありのままの自分を出せる人間関係のことです。

利害関係があるつながりは、自分自身を無理してよく見せようとし、本来の自分とのギャップに悩まされることがあります。

ありのままの自分を出せる人間関係が、自分の日々の状態を整えてくれますし、そのような人間関係の中から、日々を生き抜く活力を得ることができます。

ヨガを続けていくと、ありのままの自分を出していくことになりますし、ありのままの自分を出した上でのゆるい「つながり」を持てるようになります。

この「つながり」によって本来の自分へと立ち帰ることができるようになります。

2.社会的地位や、金銭的な豊かさは生きていく上で必要かもしれないが、一番大事なのは「まっすぐの自分」で心地よく生きること

確かに生きる上で、お金は必要です。

それはまぎれもない事実です。

社会が資本主義経済を基にして成り立っている以上、社会に何かしらの価値を提供し、そこから対価を得て生活をする、という仕組みは変わりません。

しかし、「お金をたくさん稼ぐこと=幸せ」ではない、と理解した上で生きていかないと、不安から脱却することができず、自分の不幸は社会や世の中や、時代のせいだと勘違いするようになります。

生きていく上でお金を稼ぐことと両軸で、本来の自分で生きる場所を見つけることが幸せな日々を送るためには重要だと考えています。

そのためのソリューションの一つとして、「ヨガ」はとてもよいツールとなりますので、今後の社会を生き抜く上でヨガをする人が増えるといいな、と思っています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます😊
7

ヨガティーチャーNAOTOの日記

素直な人と書いて”直人”です。自分に素直に生きています。/九州大学経済学部卒業→ 大手鉄鋼メーカー営業→大手広告代理店マーケター・営業 /新卒で入社した会社でパワハラに悩まされたが、ヨガに出会い心身の健康を取り戻す/社会を元気にするために、ヨガで何か力になれるんじゃないかと活動中

社会の話

2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。